実は骨盤矯正グッズは効かない!? 専門家が指摘する「ケアの落とし穴」2つ

by

美容・健康

エクササイズ, ダイエット,

PR

骨盤が歪んでいると痩せにくかったり、疲れやすかったりすることはご存じの女性も多いだろう。
だが、平日は仕事、週末も予定がタップリで、定期的に整体へ行くのは難しく感じる人も少なくないのが実態ではないだろうか?

そのため、多くの方が「骨盤スパッツ」や「骨盤ベルト」などで“セルフ骨盤ケア”にトライしているかと思われるが、そういった人たちの中で骨盤の引き締めに成功しているのはごくわずか。
皆さんの中にも、セルフ骨盤ケアに失敗した経験がある方がいるのではないだろうか?

それもそのはず、セルフ骨盤ケアにはちゃんとしたコツがあって、それをきちんと実践しないといけないらしいのだ。

そこで今回は、多くの芸能人がお忍びで通う美整体サロンの院長で、“骨盤ゴッドフィンガー”と呼ばれる佐久間邦弘先生が伝授する“セルフ骨盤ケアの秘訣”をご紹介しよう。

 

■プロが指摘する“骨盤セルフケアが失敗する”2つの理由

セルフ骨盤ケアは、次の2つの理由で失敗している可能性が高いと佐久間先生はいう。

まず1つ目は、「骨盤を締めるのに、簡易的なスパッツやましてショーツなどで引き締まるはずはない」と、一般的なグッズは、骨盤の引き締め力が弱いことを指摘している。

そして2つ目は、「ただ締めるだけの骨盤ベルトはズレるので間違った位置を締めている可能性が高く、かえって骨盤の広がりを悪化させていることもある」と、締める位置が間違っていることもよくあるとのこと。

つまり、重要なのは“正しい骨盤引き締めポイント”を“ある程度強く締めてあげる”ことのようだが、ではいったいどうしたらセルフ骨盤ケアがうまくいくのだろうか?

 

■ズレることなく“正しい位置を締める”のが成功のカギ

佐久間先生が考える理想のセルフ骨盤ケアアイテムは『骨盤秘伝』。

なんと骨盤ベルトと骨盤ガードルが一緒になった画期的なアイテムで、まるで“骨盤ベルトを履くような感覚”で着用でき、履いているあいだにベルトがズレることがなく正しい位置をキープできるのだとか。
さらに、骨盤ベルトは1本のベルトではなく、独特な形状をした3本の強化ベルトを採用しているので、一般的な骨盤ベルトよりも骨盤引き締め力が断然強い点が特徴だ。

そのため、しっかりとした強度でズレることなく、正しい骨盤矯正ポイントを締めることが可能になるので、『骨盤秘伝』を着用するだけで、佐久間先生の言う“正しいセルフ骨盤ケア”ができるのだという。


これがあれば、わざわざ忙しい合間を縫って、整体に通う必要もなくなりそう。働き女子の美容や健康にとって重要な、“骨盤セルフケア”の凄い味方だといえるだろう。

 

以上、伝説の整体師から学ぶ“セルフ骨盤ケアの秘訣”をご紹介したが、いかがだろうか。

今まで骨盤グッズを使用しても効果がなく、ダイエットにも失敗し続けてきた方は、この機会に『骨盤秘伝』で、先生秘伝の正しい骨盤ケアに挑戦してみるといいだろう。

もともと産後専用に作られたアイテムなので、産後の酷い骨盤の開きはもちろん、通常の骨盤の歪みであれば、少し履くだけで解消できるそうだ。歪みがひどくなって手遅れになる前に、試してみてはいかがだろうか。

 

【参考】

歩いているときも通勤時間も生活時間全てが骨盤補正中!『骨盤秘伝』

ピックアップ記事一覧