えっ貯金ゼロ!? 「お金が貯まらない人」は見直すべきチェック項目3つ

by

マネー

モチベーション, 節約, 貯蓄


毎日、朝早くから夜遅くまで働いているのに、「お金がなかなか貯まらない!」という人はいないだろうか?

お給料は毎月入ってくるのに、気づくとなぜかお金がなくなっているという人は、自分でも気づかないうちに使っている、あるいは、そもそもお金を計画的に使えていない、という可能性が高い。

将来、「もっと貯金できたはずなのに……」と後悔することは、ぜひ避けたいところだ。

そこで今回は、海外のライフスタイル情報サイト『all womens talk』などの記事を参考に、“お金が貯まらない人が見直すべきポイント3つ”を紹介しよう。

 

■1:住居費が高すぎる

誰だっていい家に住みたいだろう。しかし、それが持ち家だろうと、賃貸であろうと、住宅費は支出の大きな部分を占める要素だ。住居にかける費用が高すぎれば、お金がなかなか貯まらないのは当然のことだろう。

もちろん、住まいについては個人の価値観に応じるところが大きいので、一概には言えないのだが、できれば余裕があるうちにできるだけ節約して、将来に回したいところである。

 

■2:カードを使いすぎている

クレジットカードは便利であるが、カードを使用していると、いくら自分が使っているかわからなくなって、請求が来てビックリ!ということになりやすい。

使ってはいけない、ということではないのだが、使いすぎにはくれぐれも注意してほしい。できれば記録をつけるなどして、自分がいくら使っているか、常に確認できるようにしておきたい。

 

■3:自分の資産を把握していない

あなたは今、自分の銀行口座にいくら入っているか、またはお財布の中に一体いくらあるのか、把握しているだろうか? わからない人は要注意! 自分の資産を把握していないということは、うまく管理できていないということだ。

不思議なことに、自分の資産について意識を常に持つようにすると、それだけでお金が貯まりやすくなるという。

 

以上、“お金が貯まらない人が見直すべきポイント3つ”であったが、いかがだったであろうか?

もし「自分には貯金なんて必要ない」と思っているとしたら、要注意だ。今のあなたは健康でバリバリ働けているだろうが、(あまり考えたくないことだが)いつ交通事故に遭うかもしれないし、いつ病気にかかってしまうかわからない。また勤めている会社が突然倒産する、なんてこともあるかもしれないのだ。

こうした突発的な最悪の事態に備えて、最低限の貯金はしておきたい。気分的にも楽になるだろうし、金銭的にも“最悪の最悪”となることは避けることができるだろう。

お金が貯まらない、と悩んでいる人がいたら、さっそく実行してみてはいかがだろうか。お金は、“貯める”という意識を持って行動すると、意外に貯まっていくものである。

 

【関連記事】

 新年度の目標1位は貯蓄!お金が貯まるのは「●●レスな人」と判明

※ いったい何が違うの?「お金持ちになる人」に共通する5つのマインドセット

※ リスク重大!「お金の話を避けたがる」共働きカップルが抱える3つの問題

※ これでザクザクお金が貯まる!? 働き女子はマネしたい金運アップ術3つ

※ これが賢いマネー術!働き女子の「品性を養う」上手なお金の使い方

 

【参考】

7 financial decisions that can set you back – all womens talk

※ The 5 Financial Decisions That Set You Back Thousands – red book

 

【画像】

※ Tax Credits

ピックアップ記事一覧