やっぱ体が資本!働く女性の「自分の健康マネジメント」6つの基本

by

仕事

エクササイズ, ストレス, メンタルヘルス

やっぱ体が資本!働く女性の「自分の健康マネジメント」6つの基本「今日だけは会社に行きたくない……」。働いている女子ならば、そんな気持ちになることが、誰しもあるだろう。メンタル的に無理!というときもあれば、健康面で出社が難しくなることもある。

女性の社会進出が重点課題になってはいるものの、昨今の働く女子を取り巻く環境は、ますます厳しくなっている。自分の健康管理は、働く女性にとって必要な素養といえるかもしれない。

そこで今回は、海外のライフスタイルを紹介するサイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“健康的に働きつづけるために知っておきたい6つのこと”を紹介したい。

最近、ちょっと疲れてるなあ、と思う働き女子はぜひ、チェックしてみてほしい。

 

■1:バランスの良い食生活

健康的に働くために、絶対に欠かせないと言っていいのが、この“バランスの良い食事”である。食事こそが体の基礎を作るので、やはりこれを一番大事にしたい。

疲れてくると、食事をしたくなくなる時もあるかと思うが、そういう時にこそバランスの良い食事が大切なのである。

また長期的に考えても、食事はおろそかにしてはならない。若い時のバランスの悪い食事の影響は後々出てくるものである。

将来、妊娠を望んでいる場合はなおさら、食生活には気を配ろう。

 

■2:十分な量の水を飲む

ご存知のように人間の体は約60%近くは水分である。そのことからも分かるように、十分な量の水をとることが健康と美容のために必要である。

目安としては1日にグラス7杯の水を飲むこと。水分不足はいろいろな病気の元にもなる。女性であれば特に、体の潤いを保ちたいものである。

 

■3:適度な運動をする

毎日、朝早くから夜遅くまで働いて終電で帰ってくる、なんていう生活を続けてると、疲れて運動する気力も起きなくなる。しかし、適度な運動は体を健康的に若く保つ秘訣でもある。普段、運動している人のほうが疲れにくく、いざという時に体力を保つことができる。

 

■4:できるだけストレスを避ける

仕事をしていると、どうしてもストレスが溜まる。しかし、健康的な生活を送るには出来るだけストレスは避けたほうがいいのは言うまでもない。ストレスは心臓病や、血液疾患などの原因にもなるのである。

ストレスを溜めないためには、仕事から離れて家族と過ごす時間を作る、週末には体を動かす、自然の中で過ごすなど、試してみてはいかがだろうか。

 

■5:睡眠は十分に

仕事が忙しいと、最も影響を受けるのが睡眠時間だ。しっかりとした睡眠は体だけでなく脳も休むことができるのである。できれば毎日7時間くらいの睡眠を確保できるのが理想的である。

 

■6:外の空気に触れる

毎日が忙しいと、ついオフィスにこもりがちになりがちだ。外気に触れて、太陽の光を浴びることはあまり意識されることがないかもしれないが、非常に重要である。

現に、最近キレイな空気の中で、深呼吸したことがあるだろか?

朝の通勤時など、少し肌寒くなってきた時期こそ、いつもよりちょっと早く家を出て、キレイな空気に触れることをオススメしたい。

 

以上、働く女性が“健康的に働きつづけるために”知っておきたいこと6つをご紹介したが、いかがだろうか?

もしかしたら、それほど目新しいことはないかもしれないが、実際に実行していることは少ない、ということはないだろうか。

少し寒くなってきた季節、体のことを考えて、ここにご紹介したようなことを意識してみよう。気持ちの良い仕事ができるだろう。

 

【関連記事】

※  これでストレスを撃退!働き女子のための「上手な気分転換のコツ」5つ

※ 無自覚だけに怖い!「仕事ストレスをじわじわ溜める」3つの原因とは

※ 仕事のストレスも解消!自宅を癒やし空間に変える「照明の工夫」4つ

※ これなら頑張れる!?  昼休み後に帰りたくなったときの「やる気補充術」3つ

※ 1分でできる!デスクにいたまま可能な「超簡単ストレス発散法」4つ

 

【参考】

※ 7 Things I Wish Every Woman Knew about Healthy Lifestyle − AMERIKANKI

※ 10 Things I Wish Every Woman Knew About Health − Mind Body Green

ピックアップ記事一覧