子どもの伸長にお悩みのママへ!TVで紹介された凄すぎるサプリとは

by

妊娠・育児

モチベーション, 健康, 共働き

PR

我が子が健康に大きく成長していくことを願いながら、忙しい時間をやりくりして、食事のメニューを工夫している働くママは多いだろう。

それにも関わらず、食事の好ききらいが多かったり、塾や勉強で睡眠時間を削ってしまっていたり。なかなか心配はつきないもの。
ママ友やたまに会う親類からの「この子、背が小さいね」といった何気ないひとことに「親として何かしてあげなくちゃ! でも何をしたらいいのだろう……」と焦りを感じた経験をもつ人も少なからずいるのでは?

そこで今回は、働きママでも、子どもがのびのびと身長を伸ばすサポートをするために、“忙しくてもできるとっておきのサプリメント”について、お届けしていこう。

 

■子どもの成長期に食べさせたい食べ物とは?

子どもの順調な成長に欠かせない3大要素といえば、食事、運動、睡眠。
中でも最も働くママを悩ませるのが食生活だろう。何をどのように摂取すれば、一番効果的なのだろうか?

カルシウムばかりにスポットライトが当たりがちだが、小学館の『食の医学館』によると、タンパク質が成長ホルモンの合成を助けているのだという。
特に成長期の子どもは、大人よりもタンパク質を多く摂取することが推奨されているほど。

もちろん、タンパク質やカルシウムはすでに積極的に食事に取り入れている、という方も多いだろう。もっと効果的に成長期の子どもの成長ホルモンの分泌を助ける方法はないのだろうか?

 

■成長ホルモンの分泌を促す成分がある!?

実は近年、ヨーロッパ・米国の栄養生理学研究により、成長ホルモンの分泌を促すことが立証され大きな注目を浴びているのが、“アルファGPC”という成分。
アメリカの医学博士・パリスキッド氏は、著書『GPC(グリセルホスコリン)』で学術的に“アルファGPC”が成長ホルモンの分泌を促進すると発表して話題を読んでいる。

“アルファGPC”は、母乳にも含まれている生体栄養成分で、厚生労働省も食品成分と認めている安心の栄養素。成長期の子どもが摂取することで、“体内の成長ホルモンを上手に働かせる”ことにつながり、結果的に伸長効果が期待できるそう。

理想的な摂取時期は、子どもがグングン大きくなる7歳くらいから思春期にかけて。
この時期の対策が、子どもの成長期後の体に関わってくるかもしれないため、親としては睡眠、食事などに気を配りつつ、上手にこういった栄養素を取り入れていきたい。

 

■注目の成分「アルファGPC」を手軽に取り入れられるならこれ!

そんな注目の“アルファGPC”を、手軽に効率的に摂取できる方法としてオススメのサプリメントが、1粒に400㎎もの“アルファGPC”を配合した『アルファGPCスーパー』。
このサプリメントは、大豆のリン脂質から“アルファGPC”を抽出し、植物由来のゼラチンで加工した子どもでも飲みやすいカプセル。

2010年には、暮らしに役立つ情報を生放送するNHK総合テレビ、朝の情報番組『あさイチ』の“賢いサプリメント”のコーナーでも紹介され、2007年の発売から12万箱も売れた大ヒット商品だ。

 

■喜びの声も多数! 「小柄だった長男が180cmの主人を越える勢いです」

恵比寿でベトナム雑貨のお店を営む蘆田美和子さんも、NHKで“アルファGPC”を知り、カナダに留学するご長男に持たせたそう。
「毎日欠かさず飲ませることを習慣づけたことが良かったのでしょうか? 高校2年からぐっと身長が伸びました。会うたびに大きくなって今では180cmの主人を追い越す勢いです。体も筋肉質になり、締まってきたような気がします」

クラウディア5
実は、成長ホルモンを必要とするのは、子どもだけではなく加齢が気になる女性も同じ!
“アルファGPC”は、年齢とともに表れる女性特有の変化や、エイジングにも働きかける成分であるため、親子でぜひ効果を実感してみてほしい。

 

■6日分を、なんと先着1,000名様に限り500円で試せるチャンス!

この『アルファGPCスーパー』、今なら先着1,000名のウェブ限定モニターを募集中! 必要なのはたった3ステップだけ。
(1)500円を用意する(送料無料)
(2)下のボタンから申込み(1分くらいで簡単に完了)
(3)到着した商品を試して、アンケートに答える(アンケートは選択式ですぐに回答できる)
たったこれだけでモニターとして試すことができる。
1回の食事、1日の睡眠、1度の運動の積み重ねが、子どもの骨や筋肉を丈夫にし、健康な体を作ることは間違いない。
そこに、『アルファGPCスーパー』をうまく取り入れて、子どもがのびのびと飛躍するためのサポートをはじめてみては?

 

【参考】

アルファGPCスーパー

※ 本多京子 (2002)『食の医学館―体に効く食品を全網羅』(小学館)

 

Sponsored by 株式会社クラウディア

ピックアップ記事一覧