コレ覚えれば使いまわせる!永久保存版「ビジネス英文メール例文」3つ

by

仕事

ビジネススキル, ビジネスマナー, 英語

仕事上、海外の人と英語でメールのやりとりをする機会が近年ますます増えているのではないでしょうか。入社時には英語力を求められていなかったにも関わらず、どうしても必要になる場面があります。

基礎英語は身に付いているものの、ビジネス英語となると身構えてしまう人も多いはず。日本語を直訳しても意味が通らなかったり、丁寧な表現のつもりが相手を憤慨させてしまうこともしばしば。

そこで今回は、ニューヨークでライターとして活動していた筆者が、実際に使えるビジネス英文メールの例文をご紹介します。

 

■1:メールの冒頭

まずはじめに、英語が得意ではないことを伝える英文。

「つたない英語力で恐れ入ります。翻訳ツールを利用してメールを書かせて頂きます」

“I am sorry for my poor English. I am writing this mail with help from machine translation.”

翻訳ツールを利用して英語に訳すと、大変不自然な文章になることがよくあります。ネイティブの人が見るとそれは一目瞭然。事前に一言添えておくことで、多少間違った表現をしても了承してもらえることでしょう。

 

■2:丁寧な依頼

「○○して頂ければ幸いです」といった丁寧な依頼の場合、“I want you to ○○”ではビジネス英語には適していません。押し付けているような表現で不愉快な思いをさせてしまいます。

「次の水曜日までにファイルを送って頂ければ幸いです」

“It would be great if you could send us the file by up coming Wednesday.”

もしくは

“I wonder if you could send us the file by up coming Wednesday.”

この表現であればへりくだった言い方で、「もしも可能ならお願いします、無理でしたら構いません」という意味が込められています。

 

■3:アポイントメントを取る

相手の都合を伺いながら、アポイントメントを取る場合。

「御社のオフィスにて会議を開催したいのですが、ご都合の良い日時を教えて頂けますでしょうか」

“We would like to have a meeting at your office. I love to hear your idea when we should have it.”

「ご都合の良い日時は?」だけであれば“When is your available date?”でも問題ありません。

 

以上、今回は実際に使えるビジネス英文メールの例文をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ビジネスで使う英文のバリエーションは多くありません。基本の形さえ覚えれば、英語が苦手な人でも難なく使いこなせるようになります。

これからの時代、更にグローバル化が進み英語は必須になることでしょう。どんな職種に就いているとしても、英語力があることは大変有利になっていくはず。最低限、ビジネス英文メールは正しく使えるように今から勉強を始めた方が賢明です。

 

【関連記事】

※ 通勤時間でOK!スキマ時間でスキルを伸ばせる「英語学習のコツ」3つ

※ 初心者から上級者まで!本当に使える「英語学習Webサービス」3選

※ あらためて確認しておきたい!ビジネス上の「電話対応基本マナー」4つ

※ そのルールはもう古い!? 働き女子の「最新ビジネスメールマナー」3つ

※ ママは仕事だけど!「子供だけでも海外に行かせる」安心のサービスとは

ピックアップ記事一覧