おっ…その手があった!? 「忙しい朝に余裕が生まれる」スゴ技4つ

by

暮らし

モチベーション, 共働き,

働く女性の朝は慌ただしいものですよね。ちょっと寝坊でもしようものなら、身支度やら仕事の準備やら、もうバタバタ。朝ごはんを食べる間もなく家を出る、なんていう人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、そんなバタバタの毎朝を、ちょっとした工夫で余裕の朝に変える技があるというのです。

そこで今回は、シンガポールの情報サイト『the Asian parent』などの記事を参考に、“忙しい朝を余裕の朝に変えるための技4つ”をご紹介します。

 

■1:いつも持っていく物はまとめておく

毎朝、出かけるときに必ず持っていくものがあるはずです。財布、携帯、名刺入れ、鍵、お化粧道具などでしょうか。

これらは、必ずまとめて置いておいてください。

服装や、その日の予定によってバッグを変える人も多いので、その都度これらを探しまわるとなると、非常に時間がかかりますよね。

こうした物は、必ずまとめて一か所に置いておきましょう。朝、何も考えずに、そこにあるものを全部バッグに入れていけばいいだけです。

 

■2:翌日の準備を必ずしておく

残業や付き合いで、夜遅く帰ってきたりすることもあるでしょう。そうしたときは、「一刻も早くベッドに倒れこみたい!」という衝動もあると思いますが、翌日の準備だけはしておきましょう。

当日の朝だと、思わぬ忘れ物があったり、足りない物が発覚したりするかもしれません。少なくとも前日に用意しておけば、もし足りない物があったとしても、当日に準備する時間を作ることもできます。

何より、朝の時間に余裕が出ますので、その分ちょっとゆっくり寝ることができるかもしれません。

この習慣は、意外と朝の時間効率を高めてくれます。

 

■3:週末に朝ごはんの準備をまとめてしておく

週末に、翌週1週間分の朝食を準備しておきましょう。たとえば、ヨーグルトやオートミール、ちょっとしたフルーツなどを準備しておくだけで、ウィークデーの朝の時間はだいぶ変わります。

もちろん、完璧に準備しておく必要はありません。できる範囲で、準備してみてください。

 

■4:服やアクセサリーは必ず決めた場所に戻しておく

朝、出かけようと思ったときに「ジャケットがない!」「ピアスがない!」なんていうこと、ありませんか? こうしたことがあると一気に朝の時間も、気持ちの余裕もなくなってしまいます。

ついつい服をそのまま脱いでおいたり、アクセサリーなどを外して、その場に置いてしまったりすることもあるかと思いますが、必ず自分で決めた場所に戻しておくようにしましょう。

 

以上、“忙しい朝を余裕の朝に変えるための技4つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

どれもちょっとしたことですが、習慣づけすることで朝の時間に余裕が出てくるはずです。

余裕のある朝の過ごし方は、仕事の生産性も上げることができるかもしれません。ぜひ、試してみてください。

 

【関連記事】

※ あの人気キャラもビックリ!「朝食に●●●を食べる」と夏美人になれるワケ

※ 寝坊した朝にも!米セレブ発「レンジで作るカンタン朝食レシピ」3つ

※ 働き女子の朝食に最適!「仕事の疲れを癒やしてくれる」朝一杯のアレ

※ 抜くなんてもったいなさすぎ!「朝ごはんのすんごいメリット」3つ

※ 朝活の次はコレ!働く女性の毎日をすっごく充実させる3つの「●活」とは

 

【参考】

※ 7 secrets to speed up your morning routine – the Asian parent

ピックアップ記事一覧