「仕事との両立」だけじゃない!子どもをもつ前に考えておきたいこと4つ

by

仕事, 妊娠・育児

出世, 出産, 妊活

「仕事との両立」だけじゃない!子どもをもつ前に考えておきたいこと4つ子どもをもつ、というのは人生において、最も大きなことの一つであろう。もちろん、苦労も絶えないだろうが、人生が変わるようなすばらしい楽しみを持てるかもしれない。

しかし、言うまでもなく子どもをもつということは、簡単なことではない。働く女性であればなおさらだろう。

だからこそ、子どもをもつ前に考えておかなければならないことがあるのだ。

そこで今回は、海外のサイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“働く女性が子どもをもつ前に考えるべきこと”を4つ紹介しよう。仕事と子育てを両立したいと考えている方、悩んでいる方は、ぜひ参考にしてほしい。

 

■1:仕事との両立

近頃は働く女性も増えてきているため、当然、企業も産休・育休の制度を整えたり、一見進んでいるように見える。しかし、現実的には、まだまだ女性への負担は大きく、育児の環境も恵まれているとは言いづらい。

また、自分が妊娠出産などで仕事を休んでいる間に、自分より若い社員が出世したり、自分の昇進が遅れる、といったことが気になるのであれば、焦って子どもをもつことはないかもしれない。

自分の中で、仕事との両立に関してある程度のイメージや気持ちの整理がついたところで、子どもをもつことを考えるということを、考えてもいいのではないだろうか。

女性であれば年齢も気になるだろうが、仕事と同様に、子どもをもつということは決して甘くはない。しっかりと覚悟を決めてからでも遅くはないだろう。

 

■2:生活スタイル

自身の生活スタイルを今一度、振り返ってみよう。子どもが生まれると、生活スタイルは劇的に変化するものである。

今までできていた習慣を続けることはできなくなるだろう。それどころか、仕事も辞めたり、代えなくてはならないかもしれないのだ。本当にそれでも良いか、自分が人生で大切にしたいことは何か、ゆっくり考えてみたい。

やりたいことも子育てもすべて両立するには、相当のパワーが必要だ。何かを諦めるという決断を迫られることもあり得るのである。

 

■3:年齢と体力

子どもを産むことは、とても体力のいることである。そして母体には大きな負担を強いることになる。見た目の年齢はごまかせても、体年齢は正直なのだ。妊娠のタイミングはよく考えたほうがいいだろう。

もちろん忘れてはならないのは、子どもは産んで終わりではないということ。産んでからのほうが、むしろ大変なのである。母乳育児なら、出産後1年くらいは、十分な睡眠を取ることができないかもしれない。

子どもの世話は、体力勝負。仕事よりもキツいだろう。この点を、考慮しておきたい。

 

■4:お金

子どもをもつことの幸せは、お金に変えられることではない。しかし、子どもを産み、育てるには現実的にお金はかかる。赤ちゃんグッズ、幼児グッズ、その他、病気や怪我などといった、予想外の出費も増えるであろう。教育費ももちろんかかるのである。

現実的に費用の問題は避けては通れない。子どもをもつ前に、ある程度は算段をつけておければベストであろう。

 

以上、“働く女性が子どもをもつ前に考えるべきこと4つ”についてお伝えしたが、いかがだろうか?

子どもをもちたい!という気持ちは大事にしたいが、現実的には子育ては想像をはるかに超える大変さである。子どもはかわいいだけではないのである。

もちろん、子育てほど楽しく、勉強になることもないだろう。働く女性であれば、子どもをもつ前に、しっかり現実的なことは考えておこう。それだけで、子どもが生まれてからの余裕が大きく違ってくるのだから。

 

【関連記事】

※ 妊活前に知っておきたい!出産・育児費用を「最大限に節約する」5つのコツ

※ それは急に崩れはじめる!働き女子を悩ませる「生理不順」の原因5つ

※ これだけでずいぶんラクに!「妊娠中でも無理なく働く」ための心得6つ

※ なるほど!働き続ける女性が「妊娠前に」ぜひ鍛えておきたい部分3つ

※ 自分の身は自分で守る!働き女子こそ意識すべき「婦人科検診」の実態

 

【参考】

※ 7 Important Things to Think Over before Having a Baby – AMERIKANKI

※ 20 Things All Couples Should Do Before Getting Pregnant – Parents

 

【画像】

※ CIA DE FOTO

ピックアップ記事一覧