えっ恋愛と同じ!? 働く女性の「転職活動」のネックは●●と発覚

by

仕事

メンタルヘルス, モチベーション, 転職

転職って、考えたことありますか?

今の会社にこのまま勤めていていいものか、キャリアアップのために転職するべきか……と、悶々と悩んでいる女性も多いかもしれません。

経済の先行きが不透明な時代が続いていることから、勤務先の将来性に疑問を感じている人も少なくないでしょう。

では、転職について実際のところどんな風に考えている人が多いのでしょうか?

エン・ジャパンの調査情報を参考に、働く女性の転職活動への赤裸々なホンネをお伝えします。

 

■会社を辞めるよりとどまるほうがリスク大!?

正社員での転職を検討している1,101名の女性に対し、転職のリスクを調査してみると、会社を辞めることにリスクを感じる人は78%で、昨年の85%よりも減少していたそう。

つまり最近は、「会社を辞めることは、自身のリスクにはならない」と思っている人が増えているようなんです。

一方、会社に“とどまる”ことにリスクを感じる人は82%と、こちらは昨年と同様で8割を超える割合で存在しているそう。

つまり、会社を辞めることよりもとどまることのほうが、「リスクが高い」と感じている人が多いことが読み取れます。

その理由は、どこにあると思いますか?

 

■転職を考えているなら年齢がネックになりかねない?

会社にとどまるリスクのトップは、「年齢を重ねると転職が難しくなる」が71%でもっとも多く、以下「給与・待遇がよくならない」が59%、「仕事のモチベーションが上がらない」が46%と並んでいます。

今の勤務先に特別な不満がなかったとしても、自身の年齢を考慮したときに転職が難しくなる事態を懸念する女性が多い様子がうかがえます。

よく婚活で“適齢期”を気にして焦る女性がいますが、転職においても“年齢”を意識しなくてはならないのが実態のよう。

女性にとって“年齢”というのは、特別に大きな意味を持つと捉えている人も多いのかもしれませんね。

 

以上、働く女性の転職活動への赤裸々なホンネをお伝えしましたが、いかがでしょうか?

現代の女性の転職事情に関しては、“年齢”が大きなテーマとなっている実態がうかがえる結果でした。

あなたも、将来の転職を考えていますか? そして、そのときに自身の年齢がネックになると感じているでしょうか?

希望の仕事に従事できず、悩み続けるのは精神的にも負担が大きいもの。

会社をやめるべきかとどまるべきか……と考えるのは、恋人と別れるべきか続けるべきかの二択と似ていますし、どちらの場合も“年齢”を気にしてしまう女性も少なくないよう。

実は働く女性にとって、転職と恋愛は同じような部分で悩んでいるものなのかもしれません。

「キャリアを積むのに、年齢なんて関係ないわっ」と言いたいところですが、将来の転職を視野にいれている人は、年齢を考慮した計画をするに越したことはなさそうですね。

 

【関連記事】

※ 希望者の3人に1人が該当!「転職しても失敗しやすい人」の共通点3つ

※ このサイン見逃さないで!働く女性が「転職を決断する」3つのタイミング

※ 転職の理由1位はなんと…!働き女子の「転職の理想と現実」が判明

※ 後悔する人なんと8割!働き女子が「転職を成功させる」ただ1つの秘訣

※ 転職すべきorやめとく? 悩んでいるアナタが確認すべきチェック項目5つ

 

【参考】

女性の転職活動調査 – エン・ジャパン株式会社

ピックアップ記事一覧