間違えれば老け顔に!働く女性の「上手なナチュラルメイク」のコツ3つ

by

美容・健康

スキンケア, メイク, 第一印象

間違えれば老け顔に!働く女性の「上手なナチュラルメイク」のコツ3つビジネスシーンではナチュラルメイクが好まれる傾向がある。それを意識して実践している働き女子も少なくないだろう。

しかし、ナチュラルメイクはひとつ間違えれば、地味になりすぎてしまい、“老け顔”の印象も与えかねない。

そこで今回は、時短美容研究家である筆者が、海外の美容サイト『Lipstick』の記事を参考に、ビジネスシーンですぐに使えるナチュラルメイク術を3つご紹介しよう。

 

■1:CCクリームを活用する

ファンデーションはどうしても、お化粧が濃く見えてしまうデメリットがある。

そこで使用したいのは、CCクリームだ。

ファンデーションと比較してカバー力は低いのだが、そのほうがナチュラルな仕上がりになるので、ビジネスシーンには、うってつけといえる。

BBクリームよりも美容成分が豊富なものが多く、肌にも優しい。

ナチュラルメイクだからといって、ノーファンデで何もつけないのは、肌が生々しく見えてしまうので、ビジネスシーンには不向きだろう。

 

■2:クリームタイプのチークを選ぶ

自然に健康的な印象を与えるメイクにするために、チークは非常に重要なのだが、粉タイプよりもクリームタイプを使用したほうが、ナチュラルメイクには映える。

粉だと強すぎて、肌の状態によってはナチュラルメイクに仕上がらないときもあるが、クリームタイプであれば、その心配も無用。

指でそっとたたくように、使ってみてほしい。

 

■3:アイメイクは手を抜かない

ナチュラルメイクだからといって、マスカラやアイライナーなどを使わないと、途端に“老け顔”メイクになってしまう。

アイメイクもしっかりと手を抜かないことで、完璧なナチュラルメイクが演出できるのだ。

極細のアイライナーを、まつ毛のキワに入れマスカラは細く長い仕上がりを意識するのがポイント。色は漆黒が、適している。

どうしても上手に描けないという人は、メイクアップアーティストのベドラニ氏が提唱する“ドット法”を使ってもいい。線ではなく点で描くという方法で、これだと失敗なく書けるのだという。時短効果も期待できそうだ。

 

以上、オトナ働き女子がビジネスシーンですぐに使えるナチュラルメイク術を3つご紹介したが、いかがだろうか。

仕事場では派手すぎるメイクはNGだが、ナチュラルすぎても印象は悪くなるし、ましてやスッピンでは、社会人として常識を疑われかねない。

どんなビジネスシーンでも、手の込んだナチュラルメイクは万能なので、働き女子であれば、習得しておいてソンはないだろう。

 

【関連記事】

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

※ これで夕方の「お疲れ顔」を回避!働き女子に必須の速攻メイク直し術3つ

※ ほんの数分で知的カワイイ髪に!覚えたい「ビジネスヘアアレンジ」テク3つ

※ プレゼンにはブルーを!仕事の勝負時に知っておきたい「色の効果」とは

※ なるほど納得!あなたのコスメポーチを「劇的に軽くする」3つのコツ

 

【参考】

How to Do Natural Makeup – Lipstick

ピックアップ記事一覧