意外…グレープフルーツも?「乳がんリスク」上げる食品、下げる食品

by

美容・健康

健康, 料理, 病気

食生活が変わったためか、今年タレントの北斗晶さんが罹ったことが発表された“乳がん”が日本人女性にとってより身近なものになっています。

働く女性の皆さんは、毎日どんな食生活を送っていますか? 乳がんを始めとする病気予防に効果がある食品を毎日の食に取り入れているでしょうか?

体を健康にするためには、ただあるものを食べるのではなく、食品の健康効果や悪影響などを意識する必要があります。

そこで今回は、海外のニュースサイト『NBC NEWS』などの記事を参考に、“乳がんのリスクを下げる食品と上げる食品”についてご紹介します!

 

■乳がんのリスクを上げる食品

普段何気なく食べている食品に乳がんのリスクを上げる危険性が潜んでいます。次のような食品の摂取はほどほどにしてくださいね!

(1)スイーツ

甘いもの好きの女性は要注意。研究によると、スイーツを多く摂った女性は乳がん発症率が27%アップしたそうです。

(2)赤身肉・加工肉

赤身肉を焼くと生成される物質“ヘテロサイクリックアミン”はがんの原因となりうるそうです。また加工肉に使われる保存料も、体内でがんを作る誘因になるそうです。

(3)グレープフルーツ

グレープフルーツは健康にいい効果もありますが、女性ホルモン“エストロゲン”の血中の値を上げる効果があり、英国の研究によると、毎日4分の1個食べ続けると、乳がんリスクが高まる可能性があるとか。

 

■乳がんのリスクを下げる食品

逆に、これらの食品を多く食生活に取り入れることで、乳がんのリスクは下がる可能性があるそうです!

(1)ブロッコリー

ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーなどアブラナ科の野菜にはがん細胞生成を阻む働きや、女性ホルモン“エストロゲン”の乳がん原因化を阻む効果を持つそうです。

(2)オメガ3脂肪酸を含む魚

研究によると、フィッシュオイルのサプリを摂取した女性は、しなかった女性よりも乳がん発症率が32%低くなったそうです。

(3)トマト

トマトには多く含まれる抗酸化物質“リコピン”は乳がん細胞の成長をストップするそうです。

(4)オリーブオイル

抗酸化物質と不飽和脂肪酸が多く含まれるオリーブオイルには、他の植物油のようにがんリスクアップにつながる体内の酸化作用がないそうです。オリーブオイルはエクストラバージンのものを。

(5)クルミ

オメガ3脂肪酸を多く含むクルミは病気予防効果も高く、乳がん細胞の成長を阻む働きがあります。

(6)カレー

カレー粉に含まれる物質“クルクミン”は健康効果が高く、抗がん、殺菌、炎症予防効果を持つそうです。

 

以上、乳がんリスクを上げる食品と下げる食品についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

もちろん、がん予防は食生活だけではできません。タバコやアルコールの飲みすぎなどに気をつけ、毎日エクササイズをすることで、さらに予防効果はアップします。

生活と食習慣を改善することで、体が内側から健康になり、外側の美にもつながるはずです!

 

【BizLady Presents PR】

この夏ずーっと!つるりん美肌キープできる「医療脱毛」のタイミング 

エステ脱毛より時短!? 賢い大人女子が「医療脱毛」を選ぶワケ 

今年は脱毛デビュー!オトナ女子におすすめの「脱毛方法」徹底比較 

97.3%が実感!食事制限せずにできるGENKING流ダイエットとは? 

管理栄養士直伝!ぽっこりお腹もすっきりの「酵素パワー」とは 

 

【参考】

What should you eat (and avoid) to beat breast cancer – NBC News

12 Foods for Breast Cancer Prevention – everyday HEALTH

ピックアップ記事一覧