それは禁句!忙しい働きママが「つい子どもに言いがち」NGワード3つ

by

妊娠・育児, 美容・健康

コミュニケーション, ストレス, 人間関係

それは禁句!忙しい働きママが「つい子どもに言いがち」NGワード3つ

子どものしつけ。忙しく働くママであれば、なおさら、しつけはきちんと行いたいと思うところだろう。

しかし、親としては“子どものため”“正しいしつけのため”と思って口にしてしまうセリフが、かえって“良くないしつけ”になっていることがあるという。

そこで今回は、アジア圏の親のためのライフスタイルマガジン『the asian parent』の情報を参照しつつ、“子どものしつけでつい言いがちなNGワード3つ”をご紹介しよう。

 

■1:“勝手にしなさい”

子どももある程度大きくなると、言うことを聞かなくなり、だんだんと口答えするようになってくる。

親としては、子どもと議論することが難しい時もある。特に忙しい時や、仕事が立て込んでいる時などに、彼らの主張に付き合ってはいられないこともあるだろう。

そんな時、“もういい、勝手にしなさい”なんて言っていないだろうか?

これは実は、子どものためには良くない。というのも、子どもはそう言われると“やっぱり自分の主張が正しいから、親が諦めたのだ”と思ってしまうそうだ。

あまりにも“勝手にしなさい”を多く言い過ぎると、ますます子どもは勘違いしてしまう。子どもが納得するまでしっかり話をすることが重要なのだ。

 

■2:“これあげるから言うこと聞きなさい”

子どもがうるさい時に、つい“静かにしてたら飴あげるから”とか、“おやつ食べていいいからあっちで遊んでなさい”などと言ってはないだろうか?

確かに仕事のメールチェックをしている時や、連絡があった時など、子どもには離れていてもらいたい時もあるだろう。

でもこれでは、いつのまにかご褒美を当てにするようになり、“おやつくれるなら、静かにするから”なんてことを言い出しかねない。

子どもにとって、親に褒められるのは何よりも嬉しいことである。親の都合でご褒美をあげるのではなく、ちゃんと良い行いをしたときに、褒めるようにしたい。

 

■3:“ママはいいの”

子どもに何か約束を守るように言った時に、はたして親はその約束を守っているだろうか?

“服を脱ぎっぱなしにしない”とか、“食べながら歩かない”など、つい大人でもやってしまうこともあるだろう。子どもにそれを指摘されて、つい“ママはいいから”、なんて言ってしまってはないだろうか?

こういったことも、子どもに悪い影響を与えてしまう。“約束は守らなくてもいい”とか、“親の言うことを守らなくても、たいしたことではない”などと思うようになってしまうのだ。

子どもにルールを守るように言ったのなら、同じように親も守らなければならない。仕事でも全く同じであろう。

 

以上、働くママが忙しいときに“子どもについ言いがちなNGワード3つ”であったが、いかがだったであろうか? ついつい言ってしまっている、なんてこともあるだろう。

仕事をしていれば、このような態度を部下や同僚にとることはまずありえないだろう。その視点を持てる働くママだからこそ、思い当たる点があれば治していかなければならない。

しつけをしているつもりでも、逆効果になってしまうこれらのセリフ。いくら忙しくてもグッと我慢し、絶対に言わないようにしたいものである。

 

【関連記事】

※ 働くママだからこそできる!子どもに「お金を学ばせる」3つの方法

「忙しいから」はNG!働くママが絶対手を抜いてはいけない3つのこと 

※ 働きママに朗報!家事をラクにし「親子の絆も深まる」たった1つの方法

※ 女心はフクザツ!? 「ワーキングマザー」に対する職場同僚のホンネとは

※ 苦手意識もこれで解消!「コミュニケーション能力」を高める方法5つ

 

【参考】

5 disciplinary mistakes parents make – the asian parent

ピックアップ記事一覧