凹んだら朝イチ思い出して!自信をつける「シンプルな工夫」3つ

by

仕事

ビジネススキル, メンタルヘルス, モチベーション

あなたは自分に確固たる自信を持っていますか? 他人から見ると、とても優秀でとても仕事ができるという人でも、自分に対しての自信を持っていないという人が日本人の場合は多いようです。

それだけ自分に対して、自信を持つというのは難しいことでもあるのです。

しかし、実はちょとした工夫次第で自分に自信を持つことができるというのです。

そこで今回は、“自分に自信をつけるためのちょっとした工夫3つ”を紹介します。

 

■1:過去の成功をリストアップする

大きな仕事を目の前にして自信をなくしてしまうこと、自信を持てないことってありますよね? これは誰しもあることですよね。

ですから、こうした時にこそちょっとオススメの工夫があります。

それは、自分が今までやってきたこと、過去に成し遂げてきたことをリストアップしてみることです。実際にリストアップしたものを見返してみると、“結構、私も色々やってきたものだな……”と思うことってないでしょうか? これらを見直してみると、改めて自分に自信を持つことができるのではないでしょうか。

これは自分一人で簡単にできることです。早速やってみましょう。

 

■2:周りの人に自分のことを聞いてみる

たとえば、友達に自分のことを聞いてみてください。“リーダーシップがある”とか、“人の話を聞くのが上手”とか色々な言葉が出てくるでしょう。

職場の人に聞いてみても良いでしょう。とにかく他人からの自分評を集めてみてください。たいていの人は、ポジティブなことや、良い点を言ってくれるでしょう。

もちろん、今回直面している自信を失わせているシチュエーションを話して、具体的に乗り越えるために必要とされる要素で、さらにそれを自分が持っているかどうかを、聞いてみても良いでしょう。

周りの人に、自分のことを聞いてみることは、自分に自信を持つことができる意外な方法でもあります。

 

■3:瞑想する

なにも考えず、ゆっくりと静かに自分の呼吸だけに集中する、という瞑想をしてみてください。

これが、意外にも精神が落ち着いてきて、自分に対して静かな自信が自然と湧き上がってくるようになるのです。ストレスが軽減し、ネガティブな感情が消えていきます。脳の働きも活性化して、明るく前向きになれるはずです。

自然と自分に対しての自信も感じることができるでしょう。

慣れてくると、ちょっとした瞬間に短い瞑想をするだけでこうした効果が得られるといいます。

 

以上、“自分に自信をつけるためのちょっとした工夫3つ”でしたが、いかがでしょうか?

こうしたちょっとした工夫をするだけで、自分に自信が持てるようになるというのです。これは、簡単にできることばかりですよね。

自信を持って仕事に臨むのと、そうでないのとでは、成果も大きく変わってくるでしょう。普段、自分に自信が持てない人は、さっそく試してみてください。

 

【関連記事】

脱ゆらぎ肌!多忙でも「いつも自慢の素肌」をキープするためのケアとは【PR】

3ヶ月で-3.2kg!? 芸能人も実践する「酵素」で痩せやすい体質になる方法【PR】

「一重・奥二重さん」に劇的効果!ドラッグで買えるプチプラ美容3品

今スグやめて!「毛穴の状態がドンドン悪化」するNG洗顔【PR】

働き独女がたった1人の「運命の人に出会う」ためにまずすべきこと

 

【画像】

※ Chris & Karen Highland

ピックアップ記事一覧