まるで魔法みたい!7割が実感「印象を良くする香り」の活用テク

by

仕事

ビジネスマナー, モチベーション, 人間関係

第一印象を左右するものは、いくつかありますよね。

服装に表情、言葉遣いに礼儀などなど……。ビジネス上で知り合う人であっても、プライベートで紹介された人であっても、相手が“どんな人なのか”を自分なりにジャッジする機会も多いことだと思います。

ライオンが実施した調査によって、身近なアイテムによって人の印象が左右される現実が明らかになりました。あなたは、日頃どのくらい意識しているでしょうか?

 

■7割が経験している“香り”の効果

20~30代の女性600人に、「人から香りがしてきて印象がよくなった経験はありますか?」と質問してみると、69.7%もの人が「ある」と回答したそう!

「ない」と明確に否定した人は30.3%にとどまることからも、印象を左右するアイテムとして“香り”を上手に活用するのは、かなり有効なテクになるようですね。

あなたは、ビジネスシーンで“香り”をどの程度、意識していますか?

 

■6割が“香りマジック”を実践!?

そこで、「人と会うときに香りを身につけますか?」と聞いてみると、57.3%が「身につける」と回答していて、印象操作の“香りマジック”を日常のテクニックとして取り入れている女性は2人に1人以上に達する模様です。

新規の商談や、クレーム対応などシーンに応じて香りを使い分けるのも上級テクになるのかもしれませんね。

では、香りを活用している女性たちはどんなアイテムを使いこなしていると思いますか?

 

■人気のアイテムは“柔軟剤”

同調査で「自分からよい香りを香らせたいときに使うアイテムは?」と質問したところ、利用頻度が高かったアイテムは次のような結果になったそうです。

3位:制汗剤 (35.3%)

2位:香水 (43.1%)

1位:柔軟剤 (52.1%)

どうやら、ほのかに香る“柔軟剤”の香りが、印象をよくするアイテムとして人気が高いようですね。

ビジネスシーンでは“ほんのり”程度に香るほうが、どんな場面でも邪魔にならずに好印象を与えやすいかもしれません。

 

以上、“人の印象を左右する香り”についてご紹介しましたが、いかがですか?

ふわっと香る“いい匂い”は、女性らしい雰囲気も醸し出しますし、オフィスでも好印象を与えられそう。

「香水だと加減が難しくて」と感じていた方は、柔軟剤を上手に使うのも一案です。お気に入りの香りを纏えば自分への自信にもつながり、目の前の相手からの印象がよくなる効果も見込めそうですね。

 

【関連記事】

※ それも実力のうち!? 男性上司にかわいがられる女性社員の特徴4つ

※ 忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見[PR]

※ 厚塗り汚肌はもうイヤ~!素肌が輝く「朝の美肌作り」の秘訣2つ

※ 1つでも当てはまったら「仕事できない女子」認定されちゃうNG行動3つ

※ 頭良すぎ!口論が勃発したオフィスでの「ペットに学ぶ処世術」3つ

 

【参考】

「イベントと香り」に関する意識調査 – ライオン株式会社

 

【画像】

※ Andrey_Popov / Shutterstock

ピックアップ記事一覧