お宅は大丈夫!? 当てはまるとヤバイ「離婚する夫婦にありがち」NG特徴3つ

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 人間関係, 共働き

みなさんの夫婦仲はいかがですか? もしかしたら最近どうもうまくいってない、なんか関係が怪しくなってきた……、といった人もいるのではないでしょうか。

離婚に至るカップルで多いのは、性格の不一致、価値観の違いなど大きな決定的な原因というより、生活をしていくなかでだんだんと積み重なっていくすれ違いが原因ということが多いようです。

とくに働いていると、忙しくてなかなか夫婦仲を良くするための時間が取れないですよね。だからこそ、普段の何気ない行動が意外にも離婚の原因になっていたりするようです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や、海外の女性向け情報サイト『all women stalk』などの記事を参考に、“離婚する夫婦にありがち3つの特徴”をご紹介します。

 

■1:夫婦の会話がない

何はともあれ普段から会話が多いのが理想的です。もちろん会話の内容は、日々のたわいもないことで構いません。

問題は会話がないこと。ですからできればお互い顔を見て、直接会話をする時間を毎日持てるのが理想です。会話が多いと隠し事も自然となくなりますよね。お互いに大体何を考えているかが分かるようになれば十分です。

とにかく会話さえ多ければ、最悪な事態は回避できるのです。なんか最近、どうもうまくいかないなあ……と感じていたら、会話を増やすことを意識してみてください。

 

■2:食事を一緒に摂っていない

そして意外に重要なのが、食事を一緒にすること。

どうしてもお互いに働いていると忙しくてすれ違いの生活になってしまうかもしれません。食事の時間を一緒に持つことができないかもしれませんよね。こうしたいわゆるすれ違い生活を続けていると、知らないうちに夫婦間に溝ができていたりするものです。

とにかく、食事を一緒にすることを意識してください。良い関係を維持していくためには大切です。

そういえば昔、旦那さんとデートをしていた頃はよく一緒に食事に行っていましたよね。原点はここだったりします。仕事も忙しいと思いますが、夫婦仲を良くしたいなら意識的に一緒の食事時間を作りましょう。

 

■3:友達を紹介しない

最近、お互いの友達を紹介し合ってみんなで集まったり、食事をしたりということをしてますか? おそらくあまりうまくいっていないカップルはこうしたことを全くしていないはず。

職場の人を旦那さんに紹介したりすることもないのではないでしょうか?

こうしたちょっとしたこと、意外と大切です。夫婦の仲がうまくいっている人は結構こんなことをしていたりするものです。ちょっと意識してみましょう。

 

以上、“離婚する夫婦にありがち3つの特徴”でしたが、いかがだったでしょうか?

どれも些細なことのように思えるかもしれませんが、夫婦間がうまくいっていない人はやっぱりどれもやってしまっている場合が多いのではないでしょうか。

夫婦仲を良くしたい人は、ぜひ参考にしてみください。

 

【関連記事】

※ 離婚の危機を回避!? 夫を「家事メンにする」お互い納得の方法

自己流はNG!「未来のマネープラン」を今から失敗しないコツ[PR]

※ 仕事ぶりでバレバレ?「離婚にいたる共働き女性」がやりがちNG行動

忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見[PR]

※ お宅は大丈夫!? 「離婚率が高い共働き夫婦」の意外な共通点3つ

 

【参考】

17 habits that healthy couples have – all women stalk

 

【画像】

※ Wyatt Fisher

ピックアップ記事一覧