一生を左右する!我が子を「困った大人にする」働きママのNG行動2つ

by

仕事, 妊娠・育児

コミュニケーション, 人間関係, 共働き

じつは子どもはママとの関係がとても大事です。というのは、ママとの関係がうまくいっている子は安心してのびのびと育つことができるからです。そして、その安心感は大人になっても一生続きます。ママから愛されているという気持ちを持てると、自分に対する自信を持つこともできるのです。

ところが、ママとの関係になにがしかの問題がある場合、大人になった時にちょっと困った大人になってしまうことがあるようです。

最近では子育てのことを聞ける人が周りにいないなど、仕事をしているママにとってはちょっと気になることもあるのではないでしょうか?

そこで今回は『BizLady』の過去記事や、海外の情報サイト『the Asian parent』などの記事を参考に、“我が子を困った大人にする働きママのNG行動2つ”をご紹介します。

 

■1:一緒に食事が摂れない

お子さんと一緒に食事をしていますか? もしかしたら仕事をしていると、なかなか一緒に子どもと食事をすることができないということもあるかもしれませんね。

また、たとえ一緒にしていてもTVを見ながら、あるいはスマホをいじりながらということだと、一緒に食事をしていることにはならないかもしれません。

最近は子どもたちの“孤食”といって、ひとりで食事をすることが増えてきているようですが、同じ食卓を一緒に囲み、コミュニケーションをとることはとても大事なことです。

非常に何気ないことですが、そこでの会話を通して、子どもが考えていることも分かるようになるでしょう。

何も特別な会話をする必要はありません。子どもと一緒に食事をして会話をするだけでいいのです。子どもは、このような場でのママとの会話を通して精神的にも安定するよう。

上手に仕事のスケジュールを組んで、できるだけ子どもと一緒に食事をするようにしてください。

 

■2:スキンシップを避けてしまう

子どもはママに抱っこされている時が一番、安心できる時間です。働くママは忙しかったり、疲れていたりするでしょうが、子どもを抱っこする時間はできるだけ多く持つようにしたいところです。

ママとの愛情たっぷりのスキンシップは、小さな子どもたちを精神的に安定させます。

子どもの時にママと十分なスキンシップをとっている人は、大人になっても精神的に安定していられるようです。

ここは働きママとしても、頑張って多くのスキンシップをとってあげたいですね。

 

以上、“我が子を困った大人にする働きママのNG行動2つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

やっぱり子どもはママとの関係が大切なのですね。

ママにとっては何も特別なことではないかもしれません。とはいえ、ママのパワーはおそらく思っている以上に絶大なので、ママ自身が意識して子どもと接してあげると良いかもしれません。

 

【関連記事】

※ 85%の赤ちゃんに影響!? 妊活前に「絶対に夫婦で対策すべき」怖いアレ

自己流はNG!「未来のマネープラン」を今から失敗しないコツ[PR]

※ YOUの名言に納得!「まぶしすぎるママ雑誌」を読んでモヤモヤしない方法

忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見[PR]

※ 働くママが「服よりブランドバッグより欲しい」たった1つのモノって?

 

【参考】

※ 12 everyday ways you can bond with your son – the Asian parent

 

【画像】

※ Baby Boy 2

ピックアップ記事一覧