そのターゲット戦略は正解!? 年末年始に試したい「合コンモテ」必勝法

by

恋愛・結婚

ビジネススキル, 婚活, 独身

年末年始はなにかと集まりの多い季節。クリスマスパーティーや忘年会と称した合コン(!?)に誘われる機会も多いのではないでしょうか?

「合コンを楽しいと思ったことない」、「チャライから行かない」という人もいるかと思いますが、いざという時に好きな人をゲットするには、“練習”が不可欠です。

せっかくの機会ですので、ビジネスの知識を応用して“合コンモテ”の戦略を考えてみましょう。

 

■1:独身女性の44.5%が「合コンに真剣な出会いを期待していない」

マッチアラーム株式会社の調査では、「合コンに真剣な出会いを期待しますか?」という質問に対して、「いいえ」と回答した人が、男性は28.2%、女性は44.5%という結果になり、女性は男性ほど合コンに真剣な出会いを期待していない結果となりました。

理由としては、以下のようなコメントが並びます。

<・「合コンでは、そこまでの真剣味がないから。」(女性/20代前半/東京都)
・「軽いイメージがある」(女性/20代半ば/大阪府)
・「遊び半分な気がするから」(女性/20代後半/栃木県)
・「真剣な出会いを求めて来る人が少ないと思う。」(女性/20代後半/宮城県)
・「出会いだけな気がするから」(女性/20代後半/沖縄県)
・「その場のノリな感じがするから」(女性/20代後半/兵庫県)>

一方男性は、真剣な出会いを期待する人は、半数以上(73.8%)。このマーケットの歪みに着目して、戦略を練れば、案外、合コンは、素敵な人とお付き合いできる機会にもなりそうです。

 

■2:恋愛はマーケット?

恋愛は、価値の交換という点において、市場(マーケット)といえます。

企業のマーケティング戦略は、自社商品を消費者に購入してもらうにはどうしたらいいか?ということが大きな課題です。

同じように恋愛では、(好きな男性に)自分に好意をもってなってもらうにはどうしたらいいか? 合コンにおいては、参加している他の女性よりも、いいなと思ってもらうにはどうしたらいいかということになります。

恋愛というとロマンチックに聞こえますが、恋愛に至るまでは、好きな相手に競合が多くいれば、企業の営業活動同様、熾烈な獲得競争といえます。

 

■3:マーケティング論から考える恋愛心理と行動

恋愛は“相性、価値観の問題”や合コンは“美人じゃないとムリ”など、確固たる信念に拘る人もいますが、個人の嗜好は案外、多岐にわたります。

また、要素の組み合わせやその時の状況、表現方法も、大きく影響します。マーケティングでよくいわれるのが、“計画購買”と“非計画購買”について。これは買い物をする場合、事前に買うものを決めてお買い物をするか、店舗を回って、その時に買うものを決めるかです。

一般的に日本人は7割が非計画購買といわれています。つまり、“こんなものが欲しい”と思っていても、目の前(レジ脇の新製品お菓子など)にベーシック機能を備えた目新しいものがあれば“こっちもいいな”と思って購入してしまう人が、圧倒的に多いということです。

これは、合コンで“美人”でなくても、彼女としてのその他の重要要件を満たせば、おつきあいできる可能性が高いということを意味するのではないでしょうか?

 

■4:戦略論のスタンダード、ブルー・オーシャン戦略とは?

そこで今回、マーケティングの勉強もかねて参考にしたい戦略は、“ブルー・オーシャン戦略”です。

JMR生活総合研究所マーケティングの説明によれば、W・チャン・キムとレネ・モボルニュ両者の著書『ブルー・オーシャン戦略』により提唱された戦略のことです。

<企業が生き残るために、既存の商品やサービスを改良することで、高コストの激しい“血みどろ”の争いを繰り広げる既存の市場を“レッド・オーシャン”、競争者のいない新たな市場でまだ生まれていない、無限に広がる可能性を秘めた未知の市場空間を“ブルー・オーシャン”と名づけています。これは、ユーザーに高付加価値を低コストで提供することで、利潤の最大化を実現するというのが、この戦略の狙いです。>

簡単に要約すると、業界が水準とするすべての要因を揃えると高コストになるため、必要のないものを“取り除く”、“減らす”、ユーザーが重要と考えるものを“増やす”、“付け加える”というものです。

 

■5:男性が彼女に求めるものとは?

では、男性が彼女に求めるものはなんでしょう? IBJが実施したアンケート調査の結果によると、恋人に求める条件は1位に“人柄”(39.8%)、2位に“容姿”(31.1%)、3位に“価値観”(18.5%)を挙げています。

パーティー中に異性に褒められて嬉しいことは、男女とも1位が“性格”、2位が“容姿”です。また、男女とも6割以上が“聞き上手な人”より“よく話す人”の方が話しやすいと答えています。

パーティー中にドキッとする瞬間は、男性は“笑顔を向けられた時”、“ほめられた時”、“目をみつめられたとき”との回答でした。

 

■6:競争相手のいない市場をつくり競争を無意味にする戦略

ブルー・オーシャン戦略の最も重要な点は、競争相手と同じ土俵にのぼらないということです。

合コンに誘われたら、参加するメンツを聞きましょう。そこで、男性が彼女に求める(1)性格、(2)容姿、(3)価値観で、もっとも自分が勝てそうなカテゴリーに注力することが重要です。

友人同士であれば、似たような服装や雰囲気になりがちですが、同じカテゴリーに分類されると、必ず比較が生じます。

客観的に「負ける」と思ったら、ロングヘアの子ばかりであればポニーテール、コンサバばかりだったらセクシーカジュアルなど、自分の趣味はさし置いて、違ったカテゴリーを演出しましょう。

一方、容姿には自信がないというのであれば、対象となる男性について、職業や年齢など、事前にリサーチを行い、その男性が好きそうな話題を仕込んでおきましょう。

とくに男性が好きなものに詳しいと、案外と簡単に「価値観が同じ!」と思ってもらえます。

 

以上、ビジネス戦略を合コンに活用するヒントをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

簡単に説明しただけですので、「よくわからない!」という方は、年末の読書として、『ブルー・オーシャン戦略』をぜひ読んでみてください。ビジネスに役立つことはもちろんのこと、意外に面白いです。

また、たとえ失敗しても、へこむことはありません。単純にターゲットが間違っていたか、表現の仕方(プロモーション)が適切でなかったと前向きに考えましょう。

営業やマーケティングと同じで、“売る商品(この場合は自分)”はすでに決まっています。どうしたら、魅力的に見えるか、どこに需要があるのかをとことん考えれば、おのずと戦略の勝ちパターンが見えてきます。ちょっとしたゲーム感覚でたのしんでみてください!

 

【関連記事】

 パリジェンヌは結婚に焦らない!大和撫子が「恋愛大国から学ぶ」こと3つ

自己流はNG!「未来のマネープラン」を今から失敗しないコツ[PR]

※ 恋と仕事…両方失う危機を回避!デキる女子が「イイ恋愛する」秘訣

忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見[PR]

 3割が…!? 男性が逃げ出す「恋愛依存女子」になりやすい働き女子の特徴

 

【参考】

※ 独身女性の44.5%が「合コンに真剣な出会いを期待していない」と回答 – マッチアラーム株式会社

※ 恋人に求めるもの1位は男女ともに「人柄」、2位は女性「価値観」、男性は「容姿」と回答 – 株式会社IBJ

 ブルー・オーシャン戦略とは – JMR生活総合研究所マーケティング

※ W・チャン・キム, レネ・モボルニュ (2015)『新版ブルー・オーシャン戦略―――競争のない世界を創造する (Harvard Business Review Press)

ピックアップ記事一覧