ゲッ…冬の朝は脳も凍結!朝イチで摂るべき「脳活性化フード」3つ

by

仕事, 美容・健康

グルメ, ストレス, モチベーション

クリエイティブで生産性のあがる午前中の仕事時間、無駄に過ごしていませんか?

出勤して会社に着いても、寝ぼけ眼をこすりながらPCに向かっている状態では、午前中は内容の薄い仕事しかこなせません。アメリカのビジネスハック情報サイト『Inc.com』の記事で、科学者は朝起きてすぐに脳を活性化させ、だらけてしまう午後ではなく集中力の高い朝時間に難しい仕事をするべきだと述べています。

そこで提案されているのが、体も脳も目を覚まし、朝時間を活用できるフードを取り入れることです。

今回は同記事を参考に、脳活性化に有効な“朝イチで口にすべきフード”3つをご紹介します。

 

■1:オレンジジュース

柑橘類に含まれるビタミンCは、ストレス解消に効果があるといわれています。ある実験では、歯科の予約待ちをしている人たちに柑橘類の匂いを嗅いでもらったところ、不安を減少させたという結果も出たそう。

朝から気分を良くして生産的な一日を過ごしたいと思う人は、朝はコップ一杯のオレンジジュースを飲んでみて。時間があればオレンジを絞って100%ジュースにすればフレッシュで、ビタミンもたっぷりです。

 

■2:リンゴ

リンゴにはコーヒーと同じくらい、シャキッと脳を目覚めさせる効果があります。とくに、リンゴに含まれる天然の糖分が活力を与えてくれるので、朝のエネルギー源として活用しない手はありません。

また、脳や肌の老化を妨げる抗酸化物質が記憶力と集中力をアップさせるので、長い目で見ても朝のリンゴは有効。

 

■3:レモン水

過去記事「ミランダ・カーも実践中!働き女子を癒やす“朝のレモン水”スゴイ効果4つ」でもご紹介したように、レモン水は美容アイテムとして注目を集めています。

■1でも説明したように、柑橘系の中でもとくに刺激の強いレモンの香りを嗅げば、脳がばっちり目覚めてくれるでしょう。朝だけでなく、持ち歩く用の水にもレモンを絞って入れておけば、眠気が襲ってくる午後にも効果を発揮してくれそう。

 

以上、今回は脳活性化に有効な“朝イチで口にすべきフード”3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

朝のコーヒー一杯が欠かせない人も、明朝はぜひ3つのうちどれかを取り入れてみてください。スムーズに仕事をサクサクとこなせたり、新しい案が湧いてくるかもしれません。

これからの季節は寒くなりベッドから起き上がるのが億劫ではありますが、貴重な朝時間を無駄にせず、仕事で大きな成果を出してくださいね。

 

【関連記事】

※ 太りにくいのは●時!働く女子の「脱12時ランチ」ダイエットの秘密

忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見[PR]

※ 上司に「賀正」はNG!? 知らないとピンチ…年賀状の書き方マナー

※ 冷え性にサヨウナラ!冬の冷えを根本から変える「リンパ呼吸」とは

 

【参考】

※ 5 Scientifically Proven Ways to Have a More Productive Morning – Inc.com

ピックアップ記事一覧