週末見直したい…スーパーに行く人ほど損してる!? 「食費節約」3つの秘訣

by

暮らし, 美容・健康

共働き, 節約, 貯蓄

フルタイムで働いていると、毎晩の夕食の支度がついつい億劫になりますよね。たまに外食したりスーパーで惣菜を買うのもいいものですが、続くとお財布にも響くし不健康になる場合も……。

自炊は大事ですが、食料品の買出しに行く必要が出てきます。疲れた体にムチを打ち平日に行くか、それとも休日をつぶして行くか、そこが問題……。「他の人たちは一体どうしてるの?」と思いますよね!

そこで今回は、マイボイスコムが実施した「スーパーマーケットでの食料品の購入」に関する調査結果を参考に、“食費節約の方法”をご紹介しましょう!

 

■あなたは週何回? 食料品購入回数最多は“週2~3回”

調査は男女10,131人を対象に行われたもの。

まず、「スーパーマーケットでの食料品の購入頻度」に関しては、最も多かったのは「週2~3回」で41.1%。2位は「週1回」で21.5%、3位は「週4~5回」(13.9%)で、76.5%が最低でも週1回は買い物に行っていることになります。

また、1回あたりの購入金額は、最多が「1,000~1,500円未満」、「1,500~2,000円未満」、「2,000~3,000円未満」が各2割前後だったそうです。

ということは、頻繁に買い物にいってちょこちょこ食品を購入する人が多い、ということになりますね。

 

■かさむ食費を節約する秘訣

さて、あなたは今、週何回程度食料品の買い物へ行き、毎月食費にいくらくらい費やしていますか?

1回の買い物では少ししか使っていないつもりでも、月の合計を計算すると、「ぎょえ~っ! こんなに使ってたの!?」とびっくり……なんてこともありますよね。

『BizLady』過去記事「うっ…また金欠!ひとり暮らし働き女子の“食費節約テク”6つ」でご紹介しましたが、家計の中で締めるべきはやっぱり膨れがちな食費。では、節約方法をおさらいしてみましょう!

(1)ヘルシーな食生活を送る

加工食品やできあいの惣菜、お弁当などを食べ続けるのは不健康。野菜を中心にすれば食費も抑えられて病気予防にもなり、長い目で見ても経費の節約につながるうえ、低カロリーなのでダイエットにも最適。

(2)お弁当とおやつを持参する

毎日ランチで外食するのが楽しみという女子も多いと思いますが、1日1,000円+ラテに400円も外食に費やしたら、20日勤務でなんと28,000円、12ヶ月で33万6,000円に!立派な貯金となる金額です。

外食は週1度の楽しみにして、お弁当とおやつを持参する、コーヒーは会社のものを飲むなど、工夫してみましょう。

(3)セール時間を狙ってまとめ買い

スーパーでは夕方以降~閉店間際に見切り品をうんと安く売る場合も多いもの。終業後に行けば、ちょうどセール時間に当たる可能性も大!

荷物は重くなりますが、ちょこちょこ買い物に行くと使いすぎるうえ食材が足りなくなることも早いので、必要な食材はメモしてまとめ買いしましょう。

 

以上、食品購入についての調査結果と、食費節約の方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ちなみに、筆者は先に在庫品を中心とした夕食のメニューを2週間分作り、足りないものを2週間分まとめ買いするという強硬策で、なんとかさんでいた食費が2分の1になりました!

どうぞ試してみてくださいね!

 

【関連記事】

収入の何割が正解?意外と堅実…「1人暮らし女子の家賃」理想と現実

自己流はNG!「未来のマネープラン」を今から失敗しないコツ[PR]

コレで毎月貯められる!一人暮らしの働き女子むけ「やりくりテク」5つ

忙しい女子に朗報!たったこれだけで素肌力がアップするアイテムを発見[PR]

 

【参考】

スーパーでの食料品購入に関するアンケート調査 – マイボイスコム株式会社

ピックアップ記事一覧