「正月料理に飽きたら食べたくなる」3位寿司、2位カレー…1位は?

by

暮らし

グルメ, コミュニケーション, 休日

お正月休みのお楽しみのひとつ、グルメ。今から楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

お正月と言えばおせち料理ですが、それ以外にも様々なごちそうを食べるチャンスが多い時期です。

株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区)が全国の20~60代の男女995人を対象に「“正月”に関するWEBアンケート」を実施した結果、2016年のお正月は“自宅や実家で過ごす”人が多数であることが判明しました。

そうなると、お正月の楽しみの中で“食べること”が占めるウエイトは必然的に大きくなりそうです……。

 

■おせち料理の人気は正月ならではのアレ

また、同アンケートによると、“好きなおせち料理”は1位が“数の子”、2位“黒豆”、3位“伊達巻”、4位“栗きんとん”という結果に。1位の“数の子”は、お正月以外の季節にはあまり食べる機会がない食べ物ですから、「お正月らしい食べ物」ということで人気なのかもしれませんね。2位以下は甘くて万人受けする“おやつ感覚”の味が共通点です。

 

■おせちに飽きたら何食べる?

さらに、“正月料理に飽きたときに食べたくなるもの”に対する回答は、1位“ラーメン/カップラーメン”、2位“カレー”、3位“寿司/刺身”という結果に。男性に人気のありそうな、ボリュームのある“がっつり系”の食事が人気なようです。

高級感のあるごちそうを食べた後は、素朴な味やジャンクフードが恋しくなったりするものです。

 

■最近見かける、お正月の新顔ケーキ

ところで、数年前からお正月に“ガレット・デ・ロワ”という紙の王冠が載ったケーキをお店で見かけることが多くなったと思いませんか?

この“ガレット・デ・ロワ”、フランスで新年に食べるケーキだそうで、数年前から日本でも徐々に人気が出てきているようです。

株式会社モンテールの公式ホームページに、このお菓子の楽しみ方についての説明が記載されています。

<ガレット・デ・ロワの中には「フェーブ」と呼ばれる陶器の人形がひとつ入っていて、家族や親しい人達が集まり、切り分けた時にフェーブが入っていた人は王冠をかぶって、その日一日王様になることができ、1年間幸運が続くといわれています。>

お正月にピッタリの楽しいお菓子、みんなで食べると盛り上がるかもしれません。

 

以上、“お正月のグルメ事情”についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

お正月太りなんて気にするのはもったいない! 幸せ気分でごちそうを食べて、ハッピーな一年を迎えましょう。

 

【関連記事】

※ 愛されヒントの宝庫!? 「好きな女子アナ」ランキングに見る本当の自分

※ 「道端ジェシカ離婚」か!? ゴクミとアレジになれなかった理由

※ 意外…グレープフルーツも?「乳がんリスク」上げる食品、下げる食品

※ 収入の何割が正解?意外と堅実…「1人暮らし女子の家賃」理想と現実

※ 冷え性にサヨウナラ!冬の冷えを根本から変える「リンパ呼吸」とは

 

【参考】

※ 「正月」に関するWEBアンケート – 株式会社ドゥ・ハウス ト

スイーツ学園 – 株式会社モンテール

 

【画像】

※ Robbie Vize/GATAG

ピックアップ記事一覧