「保育園不足やマタハラ」は増えたor減った?2015年変化した実感とは

by

仕事, 恋愛・結婚

モチベーション, ローカルルール, 妊活

2015年も、まもなく終わりを迎えようとしています。

今年1年のシゴトを振り返ってみて、納得のいく結果になった人もいればイマイチなまま年末を迎えようとしている人もいることでしょう。

では、今年1年を振り返ったときに、働く環境の変化についてはいかがでしたか?

LiBが117名の女性から回答を得た調査で、2015年における“女性が働く環境”の変化に関する赤裸々なホンネが明らかになりました。

あなたの実感と比較してみても面白そうです。さっそく、同調査をもとにお伝えしましょう。

 

■ホンネ1:働く女性の価値がアガった!

キャリア女性たちに、「2015年は“女性が働く”ことについて、どのような年だったと思いますか?」との質問を投げかけてみると、2位になった回答は「企業が女性が働くことの価値をより認めはじめた年」だったそう。

まだまだ“男社会”を痛感しながら仕事に取り組んでいる女性も多いなか、それでも少しずつ環境が改善された年になったようですね。

まだ身近な部分ではその変化を感じ取っていない方も、きっと来年は、その波を実感できるのではないでしょうか。

 

■ホンネ2:少しだけど働き続けやすくなった!

そして、もっとも多かった回答は「保育園不足やマタハラなど、働き続けることがこれまでより難しくなった年」で、1位になっていたよう。

2年連続で1位という残念な結果ながらも、昨年(2014年)よりは割合が下がっていたのだとか。

つまり少しずつではありますが、働く女性の環境は“改善されつつある”と捉えることもできるそうです。

あなたの実感としてはいかがですか?

 

以上、“女性が働く環境に関する赤裸々なホンネ”をお伝えしましたが、あなたの考えと比較していかがでしたか?

身近な部分には、まだまだ課題は山積しているかもしれません。それでも女性の社会進出が進むにつれ、一歩ずつ確実に前進している様子がうかがえる結果ですよね。

 

【関連記事】

※ フルタイムママはホッ!? 「子どもの睡眠時間」はあまり気にしなくてもイイ説

※ 今年の婚活がイマイチでも!「来年こそプロポーズ」される秘策3つ

※ 4人に1人が妊活中!? 「ベビ待ち」同僚女子が密かに抱える苦悩トップ3

※ 悲劇…!アラフォー独身女性が「5年後に結婚する」確率は4%と判明

※ 大掃除…見逃さないで!火災を招く「コンセントのほこり」怖~い落とし穴

 

【参考】

働く女性から見た2015年の重大ニュース – 株式会社LiB

 

【画像】

※ Photographee.eu / Shutterstock

ピックアップ記事一覧