働き女子が選ぶ「2015年重大ニュース」…3位と1位はあの国際的事件!

by

仕事, 暮らし

メンタルヘルス, モチベーション, 教養

あなたは、2015年を振り返ってみてどんなニュースが印象的でしたか?

仕事をしていると、世界情勢や経済状況などのニュースをよく知る意識は非常に大切ですよね。

LiBが117名の女性から回答を得た調査で、2015年に働く女性たちが“重大”だと思ったニュースのランキングが明らかになりました。いったい、世の働く女性たちはどんなニュースに関心を寄せていたと思いますか?

さっそく、トップ3をお伝えします。あなたの感覚と比べて、いかがでしょうか?

 

■3位:日本人拘束殺害事件

「2015年のニュースの中で、あなたが最も重大だと思ったニュースを教えてください」と質問をしてみると、3位には「日本人拘束殺害事件」が挙がりました。

その理由として、「自己責任を改めて痛感」、「イスラム国の残虐さが、日本にも及ぶのは衝撃的だったし、何もできなかった日本政府にも、色々と考えさせられた」などのコメントが。

今までなんとなく思っていたコトと、世界の実態が異なっている現実に衝撃を受けた人も多かったかもしれません。

 

■2位:マイナンバー法施行

続いて、2位には「マイナンバー法施行」が選出されました。

「企業の体制が追いついてないのに、一元管理を進めているし、自分の情報が手軽に出せるのは便利だが安全なのか? と、不安に感じている」という現実的な声や、「保険営業をしていて、お客様から問い合わせが多い」と、仕事をしている上で制度変更の影響を受けている人も。

「副業がバレちゃうのかな!?」と悶々としていた人もいるかもしれませんね。

 

■1位:パリ中心部連続テロ事件

そして、今年の重大ニュースの1位に挙げられたのは「パリ中心部連続テロ事件」でした。

「イスラム国との関係から、SNSのあり方についてまで波及した」「改めて、日本でも同じことが起こるなと感じた」など、テロの恐怖を身近な危機として痛感した女性も少なくないようです。

世界の情勢が不安定なことに大きな不安を抱きながら生活している人も多いでしょう。

 

以上、働く女性たちが2015年に“重大”だと感じたニュースのランキングをご紹介しましたが、いかがですか?

トップ3のうち2つは、ISIS(イスラム国)に関連したニュースとなりました。

日本人は“平和ボケ”しているなどとも言われますが、世界の現実を突きつけられ改めて考えさせられた人も多いのではないでしょうか。

年が明けても、世界情勢に対しての不安はまだまだ続きそうですよね。

 

【関連記事】

※ 今年の婚活がイマイチでも!「来年こそプロポーズ」される秘策3つ

※ 閲覧注意!? 未婚女子の心かき乱す「東京タラレバ娘」の恐ろしい名言3つ

※ 悲劇…!アラフォー独身女性が「5年後に結婚する」確率は4%と判明

※ それって自慢!? 同僚をイラつかせる「新婚女子のSNS投稿」3つ

※ 5人に2人が経験!? 気がある女子だけにする「職場男子の意外な行動」

 

【参考】

働く女性から見た2015年の重大ニュース – 株式会社LiB

ピックアップ記事一覧