今年こそ痩せ子に…!「お正月ダイエット」始める前に知るべきNG2つ

by

美容・健康

ダイエット, モチベーション, 健康

新年を迎え気持ちも新たにリフレッシュしたであろう、働き女子のみなさん。今年は何にチャレンジしますか?

たとえば、ダイエットの目標を持つのはどうでしょうか? 一般的には、お正月は寝正月という言葉があるくらい、ダイエットに向いていないかな?と思うかもしれませんが、じつはお正月こそダイエットを始めるチャンスだというのです。

そこで今回は『BizLady』の過去記事や、海外の女性向け情報サイト『all women stalk』などの記事を参考に、“お正月からダイエットを始める時に知っておきたいこと2つ”をご紹介します。

今年こそは痩せたい働き女子のみなさん、注目ですよ。

 

■1:食事制限はNG

体に取り入れるカロリーの量が、消費されるカロリーの量より多いと太るという、まずはこの当たり前の基本に立ち返りましょう。

ここでポイントは摂取カロリーの制限をしない、ということなのです。普通のダイエットはもちろん、カロリーコントロールを意識しますよね。多分、摂取カロリーのコントロールが大事だと思うのですが、これってやっぱり大変ですよね。だって、好きなものを食べられないのですから。そうするとやっぱり続けるのが大変です。

ですから、カロリー制限を考えるより、いかに消費するか? 燃焼するか? こちらに重点をおいてください。カロリー摂取を減らそうとしてはダメなのです。

ちょっと食べ過ぎたな……と思ったら、その分しっかりと燃焼してください。今日はいっぱい美味しいものを食べたいなと思ったら、カロリーを消費する計画も一緒に立てましょう。

これができないと、好きなものを食べれません。逆に、これができれば好きなものを好きなだけ食べても太りません。カロリー消費を意識して、代謝を上げるというのもいい方法ですよね。

ダイエットを始める時に、知っておきたいのはこんなことなのです。

 

■2:ダイエットをするぞ~! と思うのはNG

あれ? なんかいきなり矛盾していますよね……。ダイエットを始める時に、ダイエットをする! と意識してはいけない、というのですから。

ポイントはダイエットを特別な行為と考えない、ということなんです。

たとえば、2週間ダイエットをするとか、あと3kg落とすとか。このようにダイエットを意識すると、たとえそれを達成したとしても、逆にリバウンドが来たり、それ以外はやらなくなってしまったりするのです。

なので、今年はダイエットを生活スタイルにしてしまいましょう。もちろん1年間、常にストイックなダイエットをする必要はありません。

たとえば、ちょっと多く水を飲むようにする、腹八分目に抑える、ゆっくり食べる、自炊を増やす、バス停ひとつ分歩くようにする……こうしたことを生活スタイルに取り入れてみませんか?

ダイエットそのものを意識するのではなく、日常の生活にダイエット的な要素を上手に取り入れるような目標設定を行うのがポイントです。

 

以上、“お正月からダイエットを始める時に知っておきたいこと2つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

さあ、こんな簡単なことを知ってしまった、働き女子のみなさん。今年の目標にダイエットを加えてみてはいかがでしょうか。

今年の終わりにはスリムに、キレイになったあなたが笑っている姿が想像できますよ。さっそく実行してみましょう。

 

【関連記事】

※ 下半身デブに生理不順…肌荒れも!土曜朝の「二度寝習慣」NGのワケ

※ あなたのダイエット効果でてる?「憎きプヨプヨ」本当の原因と解消法

※ ハイボールvsレモンサワー「ダイエット中のお酒」選ぶべきはどっち?

※ 倖田來未もビックリ!? これならOK「深夜のダイエット食」3選

※ 我慢しないで脱・砂糖中毒!オフィスに常備したい「間食おやつ」3選

 

【参考】

※  20 Best Dieting Tips – all women stalk

 

【画像】

※ Rafael Antonio

ピックアップ記事一覧