一生を左右する!「子どもが本を読むとき」の親のNG対応3つ

by

仕事, 妊娠・育児

コミュニケーション, モチベーション, 教養

子どもが本を読めるようになると、親としては嬉しいですよね。最近では、学校に上がる前から読み書きができる子が結構います。普段、仕事で忙しいママとしては少し焦ることもあるかもしれません。

しかし、子どもが自分で本に興味を持って読み始めるようになるときに、じつはやってはいけないことがあるといいます。

もしかしたら仕事をしているママとしては、子どもが早く本を読めるようになってほしい、という意識から意外とやってしまっていることがあるかもしれません。

そこで今回は『BizLady』の過去記事や、海外のパパママ向け情報サイト『the Asian parent』などの記事を参考に、“子どもが本読みができるようになった時の親のNG対応3つ”をご紹介します。

 

■1:子どもの朗読に興味を示さない

働いているママは、案外これをやっているかもしれません。というか、忙しくて付き合えないのかもしれません。本が読めるようになった子どもの朗読を一緒に聞いてあげたりすることは、非常に大切ですが、これがなかなかできない親も多いようです。

子どもの朗読は、ひとつひとつの文字を読むのもたどたどしく時間もかかります。もしかしたら最初は横で聞いていても、ついスマホをいじってしまったり、何か用事が出来て席を外してしまうということもあるのではないでしょうか。

できるだけ子どもの朗読をじっくり腰を落ち着けて一緒に聞いてあげてください。子どもは一生懸命読むはずです。最初に少し、これを続けていれば、やがてひとりでも本が読めるようになります。

 

■2:その子にとって難しすぎる本を読ませようとする

働くママとして、ついついやってしまうのがこれ。早く本が読めるようになってほしいという思いから、子どもにあった本というより、自分が読ませたい本、勉強になるような本を与えてしまい、それが、その子の能力としては難しすぎる本であることが多いのです。

せっかく本に興味を持った子どもでも、逆に読書が嫌いになってしまうこともあります。あまり最初から無理をさせず、その子にあった本を与えるようにしましょう。

興味さえ持てれば、自然と多くの本を読むはずです。焦らず、ゆっくりと見守ってあげましょう。

 

■3:大人の都合で本読みをさせる

いくら忙しいとしても、大人の都合やタイミングで本を読ませていませんか? たとえば子どもの機嫌が悪いときに、無理に本を読ませようとしたりしてませんか?

こんなときは子どもの集中力が続きません。無理に読ませようとすると逆効果です。本を読ませるタイミングは上手に作ってあげましょう。本嫌いになってしまうかもしれません。

 

以上、“子どもが本読みができるようになった時の親のNG対応3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

働くママとしては、少しでも早く子どもが本を読めるようになってほしい、という思いもあると思います。

しかし焦りは禁物です。できるだけじっくり子どもの成長に向き合うようにしてください。その方が成果も出るのではないでしょうか。

 

【関連記事】

脱ゆらぎ肌!多忙でも「いつも自慢の素肌」をキープするためのケアとは【PR】

今スグやめて!「毛穴の状態がドンドン悪化」するNG洗顔【PR】

宮崎議員の「ゲス不倫」が働く女性に与えた2大ショックとは

3ヶ月で-3.2kg!? 芸能人も実践する「酵素」で痩せやすい体質になる方法【PR】

キッーここが許せない!「夫婦ゲンカ」共働きのよくある原因3つ

 

【参考】

※  3 big mistakes to avoid when teaching kids to read – the Asian parent

 

【画像】

※ Tokyo image groups / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧