ゲッ…戦力外通告!? 「デキる30・40代女性」が20代に始めること4つ

by

職場

キャリア, コミュニケーション, 出世

20代は若さや愛嬌で乗りきれてきた仕事も、30代半ばになってくるとそうはいかなくなるもの。若手の後輩社員の勢いや体力にはかなわず、仕事が思い通りに進まず悩むことも増えるかもしれません。さらに、妊娠や育児などに伴い、ますます時間のすべてを仕事にそそぐことはできなくなります。

そんな女性の中にも、いつまでたってもキラキラしているデキる女性はたくさんいます。30代でも、40代でも活躍しているデキる女性にはどのような特徴があるのでしょうか? 企業にて人事を担当してきた筆者の経験からご紹介していきましょう。

 

■1:人に頼れる力と人脈がある

体力が減り、育児などで時間をかけられなくなると、仕事において「残業してなんとかしよう!」「家に持ち帰って深夜に仕事しよう!」などと男性と同じように“時間”で勝負していては、いつか勝てないときが訪れます。

そんなとき人に頼ることができ、自分がやるべきことに集中できる力は意外にも重要。また、これまでの十数年で人脈を築いてきた場合頼れる先や仲間も見つけやすいもの。

何事もひとりでなんとかしようとせず、このような力を身につけておきたいですね。

 

■2:人との関わりを大切にする

社会人生活を長く続けていると、いつ誰が助けてくれるか分からないものです。転職するたびに人間関係をリセットするのではなく、一度でもご縁があった人とは長く付き合えるよう大切にするようにしておきましょう。

思わぬところで新しい道が開けるといった、大きな助けを得ることができるのです。

 

■3:心身ともに健康であること

20代では体力があり、多少無理をしてもなんとかなってきたとしても、これからはそうはいきません。女性はホルモンバランスの影響を受け、心身共に乱れがち。そんな自分の心と体について熟知しておくことでその波をできるだけ抑えておける力を身につけておきましょう。

20代では許されていた心身の“浮き沈み”は、歳をとると“ヒステリックな人”と判断されかねません。年齢を重ねても強い女性でいられるよう、健康を心がけましょう。

 

■4:常に謙虚であること

どんなときでも謙虚であることは自分の味方を増やすことができる一番の近道。筆者の経験上、デキる賢い女性はみなさん謙虚です。自分の能力や肩書きに奢ることなく、常に学ぶ姿勢を見せることで■1にあげたような人脈も築きやすくなります。

謙虚であることは素直さや前向きな思考にもつながり、常に成長していけるためとても大切なことだといえます。

 

以上、デキる女性がずっと行ってきていることをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

今20代の方も、30代の方も、これから先にどんな女性でありたいか、改めて考えてみたいですね。歳をとると、若さや可愛らしさ、体力では戦えなくなります。そのことをしっかり頭に入れておきたいですね。

 

【関連記事】

※ 仕事でも不利に!「可愛くないな…」とイラッとされる女性のNG言動

※ そのままじゃヤバイ!「共働きレス夫婦」にありがち旦那の本音3つ

※ 利用したいけど…どうなの?働くママの「最新ベビーシッター利用」事情

※ 記憶力に自信がない30代でもデキる!「英単語を覚える」コツ3つ

※ 未経験者のココ!人事が重視する「転職希望者のポイント」3つ

 

【画像】

※ xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧