冬のおデブ化を阻止せよ!ラクして痩せる「基礎代謝UPのコツ」4つ

by

美容・健康

ダイエット, 休日, 睡眠

冬は肌を出す機会も少なく、「どうせ着膨れするし」とダイエットを油断しがち。おまけにイベントも多く、「食べ過ぎて太っちゃった……」という女性も多いはず。

そこに「寒くてエクササイズできない!」というナマケ心が入ったら、もうこの冬のおデブ化は確定状態!休み明け、久々に顔を合わせた同僚や取引先に「アレ……なんか、ふっくらした!?」なんて言われたらショックで立ち直れませんよね。

そこで今回は、『BizLady』過去記事や、海外の健康・美容系情報サイト『Health』の記事を参考に、少しの努力で冬の基礎代謝をアップする方法をご紹介しましょう!

 

■1:朝日を浴びる

冬で寒いからといって「室内からほぼ出ない」なんて生活を送っていてはダメ。

過去記事「オフィスでできる!働く女子の“鈍った基礎代謝簡単に上げる”秘訣5つ」でお伝えしたとおり、太陽の光を1日20分程度浴びることで、代謝やうつにも関係する“ビタミンD”の必要量が約90%も体内に生成されるそうです!

また、米ノースウェスト大学の研究によると、朝の光を浴びることでサーカディアンリズム(体内時計)が整い代謝アップにつながるそうです。

 

■2:お茶をたくさん飲む

夏と違ってあまり汗をかかない冬は、ともすると水分補給を怠りがち。しかし、体内の水分が不足すると血液の循環が滞り代謝も鈍るそうです!

水はノーカロリーでダイエットの味方。また紅茶や緑茶を飲むと、なんと代謝が活発化して1日100キロカロリーも多く消費されるそう! 1日3~4杯を目指しましょう!

 

■3:間食をする

3食いつもと同じだけ食べて、プラス間食をすればそれはその分太ることにつながるでしょう。そうではなく、1日3食ドカンと食べるのをやめて、同じカロリーを5~6食に分けて食べることで、血糖値が安定する上代謝もアップするそうです!

オフィスでのおやつには食欲を抑制するローカロリーのものがベスト。過去記事「そのオヤツより断然コッチ!“食欲を抑える”ダイエットの味方4つ」をご参考にしてくださいね!

 

■4:室温を下げる

会社にいる時は仕方ありませんが、家でも「暖かいと動きやすいから」と言って暖房をガンガンに使ってしまってはいませんか? 自宅にいる時は部屋の温度を18度程度に下げるといいそうです。

室温を下げることで体が脂肪を燃焼しやすくなるそうですよ! 寝る時はもちろん暖房を切ってからにしましょう。

 

■5:しっかり睡眠をとる

ホリデーシーズンの冬はイベントが目白押し。気づくと夜遅くまで出歩いて睡眠不足になってしまうことも。

アメリカで行われた研究によると、睡眠時間が5時間以下の人は7時間以上の人より体重が平均30%も多いそうです! 睡眠不足だと、食欲を制御する機能が鈍りついつい食べ過ぎてしまうのだとか。疲れもとれず、イライラして余計にストレスが溜まってしまいますよね。

規則正しい生活はダイエットの味方。毎日7~8時間睡眠を目指しましょう!

 

以上、少しの努力で冬の基礎代謝をアップする方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

運動しなくても、すべて簡単に実行できるものばかり。基礎代謝は意外に簡単にアップすることができそうですね!お正月が終わり「ゲッ……太った!」となる前に、早速実行してみてくださいね!

 

【関連記事】

脱ゆらぎ肌!多忙でも「いつも自慢の素肌」をキープするためのケアとは【PR】

究極の時短コスメ!時間もお金も無駄にしない「節制美」スキンケアとは【PR】

「一重・奥二重さん」に劇的効果!ドラッグで買えるプチプラ美容3品

トイレですっきり!93%が効果を実感「ムリせずどっさり」の秘訣【PR】

働き独女がたった1人の「運命の人に出会う」ためにまずすべきこと

 

【参考】

A Slacker’s Guide to Losing Weight Without Trying – Health

5 Ways to Lose Weight While You Sleep – Eat This, Not That

 

【画像】

※ miya227 / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧