ウゲッ…激太り疑惑!? オフィスに増殖「着ぶくれ女子」NGアイテム

by

職場

ストレス, ファッション, 人間関係

お正月の初売りでゲットしたおニューの洋服をオフィスで活躍させ始めた人も少なくないですよね。

でも、冬の洋服は“寒さ対策”ばかりにフォーカスしてしまうと、いきなり着膨れしちゃうこともあるので要注意です。

オフィスで多数の人に目撃されてしまえば、「あの子、太った?」なーんて、不名誉な陰口まで叩かれかねません。

でも、冬のオフィスでは残念な着膨れ女子が増殖しちゃうのもまた事実。

そこで時短美容家の筆者が、着膨れしちゃう“あるあるNGファッション”を3つご紹介していきましょう!

心当たりがある方は、気をつけて……!

 

■1:暖色系のニット

ふわふわのニットは冬らしく女性らしいアイテムとして、寒い季節に活躍させている女性は少なくないのでは?

でも、パステルカラー系の暖色や真っ白な色味は、実力以上に太って見える典型カラー。

そして、ボトムスまで淡い色で揃えてしまえばまるでオフィスの“雪だるま”に見えてしまうことも。

淡い色のニットを楽しみたいときには、ボトムスに黒や茶色、ネイビーなどの締め色をチョイスしたほうが安心です。

 

■2:ダウンコート

朝晩は冷えますから、通勤にダウンコートを愛用している方も少なくないでしょう。

ですが、モコモコのシルエットになりがちなダウンコートも、着膨れして見えてしまう残念な事態を招きかねないんです!

とくに、ウエストのメリハリがなくストンとしたシルエットのアイテムを選んでしまうと、不名誉な“ポチャ子”認定を受けかねません。

寸胴に見えるシルエットはそれだけで太って見える上にモコモコのボリュームまで加わって、まるで“女関取”のように太って見えてしまうかも!

 

■3:ゆる×ゆるシルエット

ここ数年、ゆるゆる系のトップスやボトムスが人気ですよね。

ですが、上下ともに“ゆるゆる”服でコーデをしてしまうと、どんなにスレンダーボディの持ち主でも、寸胴なポチャ体型に見えがちなんです。

その上、ウエストインやベルトマークなどのないスタイルは、オフィスではカジュアルすぎる印象を与えることも。

上下ともにゆるゆるなコーデは、おしゃれ上級者でも着膨れしないように完成させるのは、なかなか難しいのだとか!

 

以上、着膨れしちゃう“あるあるNGファッション”を3つご紹介しましたが、いかがですか?

本人はばっちりキメているコーデのつもりでも、同僚たちから密かに「太ったよねぇ」疑惑をかけられていたら、残念すぎて悲しいですよね!

 

【関連記事】

※ まるで魔法みたい!7割が実感「印象を良くする香り」の活用テク

※ 5人に2人が経験!? 気がある女子だけにする「職場男子の意外な行動」

※ モテ自覚者が5人に1人!「男性人気ナンバー1」アノ職業の恋愛実情

※ エッ…風邪じゃないの!? 職場で「謎のマスク女子」の理由3つ

※ ヤダ…あの2人も怪しい!? 「社内不倫カップル」の見抜き方4つ

 

【画像】

※ esolla / Shutterstock

ピックアップ記事一覧