残念な無駄使いストップ!出費を見直す「お金の使い方」分類3つ

by

マネー, 仕事

お金, 出費, 管理

知らず知らずのうちに出費が増えている。そんな経験はありませんか?

お金の使い方は3つに分類できます。その3つの分類を正しく理解することが、意識的に出費を管理する早道です。

今回は、コミュニケーションネゴシエーターの江口信也さんに“お金の使い方の分類”についてお聞きしました。

 

■1:浪費

「生活に必要のない出費を“浪費”と呼びます。式で表すと、費用>効果、となるもののことです。ギャンブルや衝動買いなど、そのときは楽しくても、後で冷静になって考えると無駄遣いだったと気付くものはこの区分に入ります。

費用対効果が悪い浪費ですが、完全になくしてしまうとストレス解消ができなくなります。浪費はほどほどにしましょう」

正しいお金の使い方をしているかどうかは、「自分のお金の使い方はもしかして浪費じゃないかな?」と疑ってみると分かるのでしょうね。

 

■2:消費

「生活必需品への出費を“消費”と呼びます。式で表すと、費用=効果、となるもののことです。

日用品や食料品、光熱費や交通費などの出費がこの区分に入ります。生きていくうえで必須の出費なので、減らそうと思っても限界があります」

生活必需品はどうやっても出費の大半を占めてしまいますよね。

 

■3:投資

「将来に役に立つ出費を“投資”と呼びます。式で表すと、費用<効果、となるもののことです。資産運用に回した資金や預貯金、また、人脈を広げるための飲み会や資格試験のための教材費や受験料などもこの区分に入ります。

消費と浪費を抑えつつ、この投資にお金をかけることを心掛けてください」

たとえば読みもしない本を大量に買ってしまうなど、自分では投資だと思っていてもじつは浪費だということもあるでしょう。意識的に出費を管理する必要がありますね。

 

以上、“お金の使い方の分類”についてお聞きしましたが、いかがでしたか?

皆さんも、浪費・消費・投資の3つの分類に意識的になって、お金の使い方に気を付けてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ コレで毎月貯められる!一人暮らしの働き女子むけ「やりくりテク」5つ

※ うわっ…私の家賃高すぎ?ひとり暮らし女子なら「月収・割以下」が正解

※ 惑わされちゃダメ!誤解しやすい「お金持ちになる方法」定番セオリー4つ

※ これで年間8万円の節約に!? 「ラクして節約するための」必須ポイント4つ

※ 意外な落とし穴が!「おひとりさま」を決めた女性が必要な3つの準備

 

【取材協力】

※ 江口信也(えぐち・しんや)・・・コミュニケーションネゴシエーター。大学院でコミュニケーションを学ぶ傍ら、その類まれなる語学力を活かし、世界中のディスコミュ案件を解決してきた交渉人。あえて実家で暮らしている。

 

【画像】

Pictures of Money

ピックアップ記事一覧