若手気分のままじゃヤバイ!「いい歳して…」と陰口されるNG行動

by

職場

キャリア, コミュニケーション, 出世

2016年になり、あと3ヶ月すれば4月、新入社員が入社する季節に。後輩ができ、ますます先輩社員として期待されることも多いでしょう。

そんな先輩社員としてしっかり後輩の手本になるようになりたいところですが、若手社員の気分のまま自由奔放に過ごしていると「いい歳して……」と周りからうんざりされてしまうことも。

ではどんな行動が周りをうんざりさせてしまうのでしょうか。企業にて人事部門にいた筆者の経験より、評価にもつながりかねないNG行動をご紹介していきましょう。

 

■1:女性特有の病気や症状による不調をアピールする

誰にだって生理痛やPMSなどの症状はあるもの。ですが、そのような症状があるから「仕事に支障がでてもしょうがないでしょ?」などと開き直るのはNG。若い新人の女性であれば最初は心配してもらえるかもしれませんが、だんだんと「またかよ…」という雰囲気になることも。

また、定期的に体調不良が続く人を抜擢したり、昇格させたいと思うことはやはり多くはありません。某企業では評価基準に“心身ともに健康であること”を入れていることも。毎月の生理周期も想定しながら体調管理はなるべく整え、不調な時も不必要にアピールしないようにするほうがよいですね。

 

■2:気分の浮き沈みが激しい

女性=感情的だと考えられているところもあるため、このように気分の浮き沈みがあると「やっぱり女性は使えない」などと思われてしまうことも。誰にだって気分の浮き沈みは多少なりともあり、コントロールしながら仕事をしているのだと認識し、自分の気分の浮き沈みで周りを振り回さないようにしたいですね。

 

■3:人の好き嫌いが激しい

仕事をするうえで、人の好き嫌いで態度を変えていると周りからの信頼を失うことにつながります。とくに社会人歴も長くなり、それなりに頑張ってきた先輩がそのような態度をとっていると後輩社員からも尊敬してもらえません。

人間ですので、嫌いな部長、苦手な同僚などいるかと思いますが、だからといって仕事上の態度をあからさまに変えていると「幼稚な人だな……」と思われてしまうので注意しましょう。

 

■4:学ぶ姿勢がない

先輩社員だからこそ、より学ぶ姿勢を後輩に見せていくことが重要です。「私その仕事苦手だから~」「○○の部署に異動するのは嫌だな~」などと、変化を恐れ、現状維持をしようとすればするほど、周りからは「大人げない」と思われてしまうことに。

何事もチャンスととらえ、前向きに学び、取り組む姿勢を見せることが先輩社員としてよい見本になるのではないでしょうか。

 

以上、周りをうんざりさせてしまう先輩女性社員のNG行動をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

いつまでも若手社員でいることはできませんので、早い内に自分の強みを見つけ、歳を重ねても周りから必要される社員でいられるよう努力していきたいですね。

 

【関連記事】

※ 愛されヒントの宝庫!? 「好きな女子アナ」ランキングに見る本当の自分

※ それも実力のうち!? 男性上司にかわいがられる女性社員の特徴4つ

※ モテ自覚者が5人に1人!「男性人気ナンバー1」アノ職業の恋愛実情

※ 1番稼ぐのはアノ職業!日本の働き女子の「職種別年収事情」が判明

※ ハァまた残業…!? 来年こそ脱オーバーワーク「仕事効率アップ」テク

ピックアップ記事一覧