憂鬱もスッキリ!? 休み明けは「水をたっぷり飲むべき」理由3つ

by

仕事, 美容・健康

マネジメント, メンタルヘルス, 二日酔い

そろそろお正月休みや連休も終わり。働く女性のみなさんも通常ペースに戻さないといけませんよね。

でもお休みですっかり、のんびりモード。いつまでも正月気分が抜けきらないなんてことはないでしょうか?

じつは、水を飲むことでこんな気分を手軽に解消できるというのです。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や、海外の情報サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“仕事始めは水をたくさん飲んだ方が良いワケ3つ”を紹介します。

なかなか通常モードにならない人は、さっそくチェックしてみてください。

 

■1:カロリー摂取が控えられる

このお休み中に体重が増えてしまったという人はいませんか? 1年の疲れを癒すことは大切ですが、そろそろ通常モードに戻さないと大変ですよね。

そこで、水をたくさん飲んでください。水を飲むことで余計なカロリー摂取を控えることができるのです。少し重くなった体も、水を飲むことで徐々にスッキリしてきます。

食事の前、おやつの前などに水を多めに飲むと良いでしょう。食欲を抑えることができ結果的にはカロリー摂取が抑えられるのです。

この時期、さっそく実践してみましょう。

 

■2:血色が良くなる

さて、体重も絞って休み前のスリムな体になったところで、さらに水を多く飲みつづけると血色が良くなってきます。

お正月の休み明け、化粧のノリが良くない。なかなかむくみが取れない。こういったことも水を多く飲むことで解消されます。

血色が良くなり顔色が良くなると、それだけで前向きな気分になれるはずです。せっかく新しい年が始まるのですから、気分もリフレッシュして仕事始めを迎えたいですよね。血色が良いと、きっと印象も良くなります。

 

■3:血圧を下げられる

さらに、水を多く飲むことで血圧も下げることができます。

高血圧は成人病の中でも多い症状のひとつです。最近では塩分の摂りすぎなどが原因で、とくに働く女性の間でも高血圧などの人が増えているようです。

お正月休みの間に暴飲暴食をしてしまった人。ここはコンスタントに水を多く飲むようにしましょう。

 

以上、“仕事始めは水をたくさん飲んだ方が良いワケ3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

仕事始めのこの時期は、ちょっと憂鬱になる人もいるかもしれませんが、1日に飲む水の量としてはグラス8杯分くらいを目安に、水を飲んでみてください。内臓もスッキリしてきて、気分的にも前向きになれるかもしれません。

 

【関連記事】

※ 長寿1位の長野県に学ぶ「健康の秘訣」は…仕事ときのこ!?

※ 太りにくいのは●時!働く女子の「脱12時ランチ」ダイエットの秘密

※ メンタルつよっ…!ノンスタイル井上に学ぶ「最強の前向き力」とは

※ もう爆発しちゃいそう!「仕事の愚痴」発散する方法1位は…

※ ダイエット中でもOK!飲み会で「社交と減量を両立する裏ワザ」とは

 

【参考】

※ 10 Ways Water Can Help You Shed Pounds – AMERIKANKI

 

【画像】

※ Sebastian Gauert / Shutterstock

ピックアップ記事一覧