これでストレスフリー!もっと「スマホを快適する」アプリ断捨離術

by

仕事

スマホ, ネット, 仕事

スマホが普及し、何らかのアプリを使っているという人はほとんどではないでしょうか。ゲームや音楽、画像加工アプリなどさまざまな種類があり、無料のものも多いことから興味があるとすぐにインストールを手軽にできることもメリット。

しかし、仕事などが忙しいといつの間にかスマホの画面がアプリでぐちゃぐちゃになっていること、よくありますよね。

今回は、IT企業でアプリなどのサービスを運営している筆者から、不必要なアプリを削除するための“アプリ断捨離方法”をご紹介していきましょう。

 

■ホーム画面は毎日使うアプリだけを配置しよう

スマホのロックを解除してすぐに出てくる画面は、操作するうえで一番目にする画面。アプリの整理整頓がきっちりできていなくてもここだけをスッキリさせることは第一のステップといえます。

まずは毎日使うアプリだけをこの画面に配置し、毎日使っていないアプリはスワイプして別の画面に移動させましょう。

 

■新しくアプリをインストールしないようにする

まずはこれ以上新しいアプリをインストールしないよう心がけましょう。どうしても試してみたいものは、インストールした後その場で試してみる時間があるときだけに限る方がおすすめ。なぜなら、インストールしたことを忘れ、スマホ内に放置されたままになってしまうからです。

「あ、なんか違うな?」と思ったらその場ですぐアンインストールを。アプリは一度削除しても、再度何度でもインストールできるため不安に思うことはありません。

 

■アプリの容量量が多く使用頻度の低いアプリから削除を

アプリの断捨離をするために、いらないアプリを決めなければなりませんが、その場合はアプリの容量が多い割に使用頻度の低いアプリから削除しましょう。

意外なアプリが容量を多く必要としており、写真が保存できない状態になっていることもよくあります。なんとなく削除するのではなく、アプリの容量をチェックして削除する方がよいでしょう。

 

■アプリのアップデート後、一度も開いていないアプリは削除

「使っていないわけじゃないけど、いつか使う気がする……」というアプリも多数あるかもしれません。アプリは何度もアップデートを重ね、バージョンアップしていきますが、iPhoneであれば、アップデートしたアプリにはマークがつきますので気づくことができます。

アップデート後、何日も開いていなければそのアプリは必要ありません。必要になったときにまたインストールすればよいので削除しましょう。

 

以上、スマホの画面をすっきりさせる“アプリ断捨離方法”についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

同様のことが、仕事で使うパソコンのデスクトップなどにもいえるでしょう。普段長く接するスマホやパソコンで、無駄に気が散ったり、情報収集などの妨げになってはもったいないこと。なるべくスッキリさせて作業しやすいようにしたいですね。

 

【関連記事】

※ 2016年こそ…!認知科学で仕事も恋も「最短で目標達成」するテク

※ ヤダ…あの2人も怪しい!? 「社内不倫カップル」の見抜き方4つ

※ 当てはまると一生貧乏!? 努力しても 「稼げない人」に共通の悪習慣5つ

※ VDTって何?20~30代に急増中「スマホ老眼」を防ぐ方法とは

※ 若い子はみんな持ってる!? スマホ充電の「モバイルバッテリー」の選び方

ピックアップ記事一覧