その決断…大丈夫!? 「転職に失敗するアラサー女子」の残念な特徴

by

仕事

モチベーション, 転職, 面接

「私、このままでいいのかな……」

日々ただ流れるように過ぎていく時間の中で、ふと不安を感じるアラサー女子も多いのではないでしょうか?

結婚のようなビッグイベントもなく、ただなんとなく「変わりたい」という願望を抱える日々。そんな時にふと頭に浮かぶのが“転職”の二文字。

こんな具合にふわっと転職を考える人もいれば、今の会社では自分のやりたいことができないと転職を考え始める人など仕事を変える理由は人それぞれ。

しかし、そんな中で実際に転職に失敗し、後悔してしまう……なんてこともありえることです。しかもアラサーの年齢となると、失敗はかなり痛いもの。

そこで今回は、さまざまな企業を渡り歩いてきた筆者自身の経験をもとに“転職に失敗するアラサーOLの特徴”についてご紹介します。

 

■1: キャリアにストーリー性がない

まず面接では今までの経歴や退職理由などが問われることになります。その際に、全く整合性のない経歴や矛盾した転職先を選んでいた場合などは担当者に首をかしげられ、マイナスな印象を残すことになるでしょう。

キャリアには一貫性が大切であり、そこにちゃんとしたストーリーがあるかどうかは重要視されます。それらを自分の言葉できちんと伝えられるかは、これまでちゃんと仕事で成果を残せているかなどを示す指標にもなるでしょう。

 

■2: 目標が不明瞭で行動が伴っていない

将来はこんなことがしたいとなんとなくは言えるけれど、その為に必要な努力や行動を起こせていない。それは目標が不明瞭なため、必要なことが何かが見えていなかったり、努力を続けられないという状況に追いやられてしまうからです。

転職についても、理由が曖昧で、実際にその会社で何をしたいのかという目的をしっかり持てないまま動いてしまうことになります。

ただ現状に不満なだけで明確な目標や努力がなければ、自分が思い描くような未来は待っていないのです。

 

■3:人間関係に消極的

新しい環境に移れば、そこでもまたあらたな人間関係を構築していく必要があります。しかも中途入社で、年齢的にも決して若くないとなると、自分から積極的に人と関わることが非常に重要なことになります。

待っていたら誰かが何とかしてくれるという時代はとうに過ぎていて、人間関係でも積極的に人と関わっていくことが必要となってくるのです。

しかもある程度キャリアや経験を積んでいるわけなので、新卒入社の頃のように手取り足取りですべて指導をしてもらえるわけではありません。即戦力として活躍するためにも、いち早くメンバーの一員ととして環境になじみ、意見や提案ができるようになることがキーになるのです。

 

以上、“転職に失敗するアラサーOLの特徴”についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

転職を考える前に、現在の自分の姿を振り返り、今が転職のタイミングかどうか考えることも必要かもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 未経験者のココ!人事が重視する「転職希望者のポイント」3つ

※  もう辞めてやる!働き女子の「転職理由」と今の会社ですべきこと

※ 転職できる人とできない人の境界線!「転職に成功する人」3つの特徴

※ やっぱり譲れないわっ!キャリア女性ほど重視する「転職の条件」トップ3

※ ああ転職したい…!「今の仕事にとどまる」リスクを感じる女性は●%と判明

ピックアップ記事一覧