もう怖くない!「年収500万円の壁」を打破する転職のコツ3つ

by

仕事

管理, 転職, 面接

そろそろ転職して、年収をアップさせたいと考えている人もいますよね。

エン・ジャパンが631人から回答を得た調査によると、50%は転職を機に年収アップを実現しているのだそう!

一方、あんまり収入が変わらなかったり、かえってダウンしちゃった人がいるのも事実です。だからこそ、年収を上げるための転職には慎重になってしまうこともありますよね。

たとえば今、年収500万円台の方は、どうしたら年収が上がる転職ができるのでしょうか?

今回は同調査を参考に、転職で年収を上げるために必要なことトップ3をご紹介しましょう。

 

■2位:スカウトを待つ

年収500万円から年収アップの転職に成功した人たちに“転職時に意識したこと“を尋ねてみると、14%が選び2位になっていた項目は「スカウトオファーが来た企業への転職」でした。

自ら転職先を探すのではなく、オファーによって転職することで希望年収の条件が通りやすくことも関係していそうです。

漠然とした転職願望がある方は、やみくもに動かずにオファーを待つのもいいかもしれませんね。

 

■同率2位:業績好調な業界へ

そして、同じく14%が選び同率2位だったのは「業績好調な業界への転職」でした。

業績の良い会社であれば給与だけでなく福利厚生等も充実しているメリットもありそう。

現在、いわゆる“衰退産業”で働いている方などは、将来を見据えて転職先を選んでみるのも良さそうですね。

 

■1位:人を求めている企業を探す

そして、23%が選び圧倒的な1位になっていたのは「急募・欠員補充などの募集をしている企業への転職」です。

企業が人を求めているからこそ、条件交渉がしやすいメリットがありそう。

あまり準備時間がない転職にはなりますが、ある意味では転職は勢いも大切なのかもしれませんね。

 

以上、転職で年収を上げるために必要なことトップ3をご紹介しましたが、いかがですか?

年収500万円の壁を突破するためには、転職するのもいいかもしれません。

今のお給料に不満を抱いている方は、よろしければ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

※ 驚きの結果!年収1000万以上の人ほど1.2倍もやってる事とは

※ あの大学が1位!「転職成功者」が多い出身大学トップ3が判明

※ 自信もって臨もう!35歳以上の転職でアピールできる「ミドルの強み」2つ

※ 未経験者のココ!人事が重視する「転職希望者のポイント」3つ

※ この会社大丈夫?「お先真っ暗な転職先」を回避する見極めテク4つ

 

【参考】

※ 年収アップ転職実態調査 – エン・ジャパン

ピックアップ記事一覧