社内不倫リスク高し!ベッキー系「正論マジメ女子」の危険な特徴3つ

by

恋愛・結婚

メンタルヘルス, 不倫, 独身

タレントのベッキーさんの不倫騒動が大きなニュースとなっています。仕事のスキルも好感度も抜群、非の打ちどころのない“イイ子”だったベッキーさんにとって、初のスキャンダルは、大きなダメージとなりそう。

しかしベッキーさん、過去に“相手から本音や暴露話を引き出すプロ”であるインタビュアーの吉田豪さんをして、「強敵」と言わしめたほど、仕事にストイックで真面目な女性だったのです。

仕事でも決して弱みを見せず、正義感の強い女性は、何かのきっかけで「この人だ!」とのめりこんでしまうリスクも……。

今回は、不倫リスクの高い“正論マジメ女子”の特徴について考察していきましょう。「しっかりしてるね」と職場で言われる方は、要チェックです。

 

■1:職場で誰にも心を開かない

TBSラジオ『キラキラ』で過去にプロインタビュアーの吉田豪さんがベッキーさんについて語った内容から、今回の騒動の伏線が見えてきます。

吉田さんは、ベッキーさんから「フレンドリーなのに、人に一切心は開かない」という印象を受けたそう。

<彼女の心の扉を開くことは誰もできないと思う>

と百戦錬磨の吉田さんが述べており、心のガードの高さは芸能界屈指だったようです。

<仕事で知りあった人とも2人きりで食事にもいかない。誤解されるから>

と男女関係にも潔癖だったベッキーさん。そんな彼女が後先考えずに不倫相手と遊園地に出かけたり、ホテルで時間を共に過ごしたのは、相当のめりこんでいた証拠。

職場でも同僚に“本当の自分”を隠してしっかり者を演じている方は、要注意! 包容力のある既婚者の上司から「頑張りすぎてない?」と心配されて、“キュンッ”としたら、黄色信号です。一度心を許すと、「私のことを全部わかって!」「私だけ見て!」と依存心が生まれやすいのかもしれません。

 

■2:正義感が強すぎる

<正しすぎるが故の恐ろしさを感じた>
<「僕がすべて間違っていました」と言いたくなる感じ>

と、吉田さんはベッキーさんについて語っていました。正義感が強すぎる人も不倫をしやすい傾向があるよう。

鋭すぎる“正義”を振りかざすことで、時にナイフのように人の心を傷つけることもあるのですが、それが見えていないこともあるからです。

「私しか○○さんのツラさをわかってあげられない」「奥さんじゃダメ!私が守らなきゃ」と“正義フィルター”にかかると、自分の行動が全て正しく思えてくることも……。

仕事で悩んでいる同僚の既婚男性を慰めるために、朝まで飲んだり、頻繁にLINEをしたり。誰かのためにやったことの裏には、傷ついている人がいるかもしれないことを忘れないでいたいものです。

 

■3:弱音を吐かない

昨年、gooランキングの「意外と心の闇が深そうな芸能人ランキング」で、ベッキーさんが1位となりましたが、吉田さんによれば、ベッキーさんは何があっても弱音を吐かないように決めているそう。

「辛いことは人には話しません」というベッキーさんには、じつは過去に辛い思いをたくさん経験してきた可能性もあります。

不倫でツラい思いをしていても、誰にも話さない、だから「やめなよ!」とアドバイスしてくれる友人もいない。辛い思いを誰かに話し、“軌道修正”をすることも必要なのではないでしょうか?

 

以上、不倫にのめりこみやすい“正論マジメ女子”の特徴についてお届けしましたが、いかがでしょうか?

既婚者の余裕ある雰囲気は奥さんと共に作り上げられたもの。そのメッキがはがれたら、ただの余裕を失ったひとりの男性に戻るだけ。燃え上がる愛だけでは奪えないほど、既婚男性はがんじがらめに家庭に結び付けられています。それを無理にひきちぎろうとしたら、女性側も失うものが多いことを覚えておきたいものです。

 

【関連記事】

「道端ジェシカ離婚」か!? ゴクミとアレジになれなかった理由

お宅は大丈夫?金持ち夫ほど、妻より「身近な従業員」に夢中になる理由

既婚女性は要注意!「職場の男性があなたを誘う」トンデモ理由3つ

※ 夫が浮気!でも別れず乗り越えるなら「働く妻として必ずすべきこと」5つ

ヤダ…あの2人も怪しい!? 「社内不倫カップル」の見抜き方4つ

 

【参考】

意外と「心の闇」が深そうな芸能人ランキング – gooランキング

ピックアップ記事一覧