ベッキーも罠に!? 不倫常習男が使いがち「ゲスの極みな口説き文句」4つ

by

恋愛・結婚

不倫, 婚活, 社内恋愛

巷を騒がせている不倫疑惑。彼女の今までのキャリアや好感度などが一気にゆらいでしまっています。同様に、会社内でもそのような疑惑や不倫の発覚があったとき、その二人の人間性や信頼関係、キャリアにヒビが入ることは間違いありません。

不倫はしないにこしたことはありません。「不倫してやろう」と思って不倫する人などあまりいないはず。しかし、結婚適齢期の独身女性が既婚男性の罠にハマってしまうケースは、その逆のパターンに比べるとかなり多いといえます。

企業にて人事部門におり、あらゆるトラブルを見てきた経験から、そのような既婚男性が使いがちな口説き文句や行動パターンをご紹介していきましょう。

 

■1:妻とうまくいっていないアピール

既婚男性が不倫する時、相手の女性に必ず言う文句のひとつ。夫婦仲が悪いと聞くことで、不倫関係になる前に「もしかしたら別れてくれるのかもしれない」と女性側に期待させ、口説きやすくする手法。

「不倫なんてありえない!」と思う女性ほど、その可能性をちらつかされることによって、「じゃあ、待ってみようかな」などと思ってしまうこともあるようです。しかし、実際は夫婦円満で家族サービスをおしまない人であったりすることが多いもの。騙されないようにしたいものですね。

 

■2:付き合う・付き合わないの話をしない

「これって不倫だよね……?」と思いながら、“付き合っている”と認識しているのはじつは女性側だけ、というケースも。男性側は「ただ遊んだだけ。付き合うという話もしていない」と逃げることもあるのです。なんとなく良い関係になり、それがもう1年以上も続いているけれど、奥さんと別れる・別れないという話や、二人の将来の話が全くないという場合は要注意。いざとなったら逃げる気マンマンでしょう。

 

■3:「時間をかけて付き合いたい」など色々先延ばしにする

ふたりで行きたいと言っていた旅行や、妻と離婚する時期など、決めて欲しいことをなかなか決めてもらえないとき、その理由として言うのが「時間をかけたい」「今は待ってほしい」など、とにかく先送りしようとします。

「じっくり考えてくれているんだな」などと思ってはNG。考えてなどいないことがほとんど。面倒なことはなるべく考えず、ただ今を楽しく過ごしたいだけなのです。

 

■4:「分かってくれるのは君だけだ」などと自信を持たせる言葉をかける

不倫をしてしまう女性の特徴として、真面目で“自分に自信が無い”場合があります。そのため、自分が認められたと感じることや、「こんなに思ってくれるのは彼だけだ」と思うことで、どっぷり不倫にハマってしまうのです。

不倫常習男はそんなタイプの女性には優しい言葉を何度もかけることでしょう。

 

以上、既婚男性が使いがちな口説き文句や行動パターンをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

不倫をしてしまう女性のタイプとして、筆者の経験からは比較的真面目で自分に自信が無い女性が多い印象があります。しかし、自分の人生は自分の頭で考えしっかり決断する強い力を持たなければなりません。後になって「こんなはずじゃなかった! 時間を返して!」などと言ったところで、責任は自分にあり、誰も助けてはくれないのです。

また、会社内での不倫は非常に視野が狭くなりがちで、外から見ると「なんであんな人を?」という人にハマっていることも。

会社の中に閉じこもらず、行動範囲を広げていくことも重要かもしれませんね。

 

【関連記事】

トイレですっきり!93%が効果を実感の「ムリせずどっさり」の秘訣とは【PR】

テク不要で「毛穴レス美肌」に♡杉本彩も注目の●●美容法とは【PR】

多忙でも放置NG!働き女子が「いつでも自慢の素肌」を保つ習慣とは【PR】

ベッキーも罠に!? 不倫常習男が使いがち「ゲスの極みな口説き文句」4つ

職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

 

【画像】

※ bee / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧