今年は一味ちがう私に!「新年の抱負」をちゃんと叶える戦略3つ

by

仕事

モチベーション, 出世, 達成感

2016年、あなたの抱負は何ですか? 新年を迎え早くも数週間経ちましたが、未だに抱負を忘れず毎日を過ごせているでしょうか?

語るばかりでなく抱負を現実にするにはいくつかの戦略があります。そこで今回は海外のライフハック情報サイト『Lifehacker』の記事を参考に、新年の抱負を現実化する戦略3ステップをご紹介します。

 

■1:ひとつに絞る

あれもこれも欲張って抱負を持ってしまうのは、最も犯しがちな間違いです。時間的にも能力的にもいくつもの処理するのは難しい場合もあります。全てが中途半端にならぬよう、抱負は1つに絞りましょう。

仕事ではこれ、プライベートではこれとオンオフそれぞれにひとつずつ抱負を持つなど、仕事とプライベートの切り分けも意識してみて。

 

■2:より具体的に

抽象的になりがちな抱負はより具体的になるよう、細かな目標を計画的にたてるのも有効です。

たとえば「英語を喋れるようになる」という抱負を掲げたら、1月は英会話の資料を集める、2月はいくつかの教室に体験に行く、3月から数ヶ月通い始める。8月に行くハワイでは現地の人と会話をする、という具合に。

ステップを踏んで小さな目標を達成していくことで、年末には抱負を現実化できた自分を誇りに思えるはず。

 

■3:毎日言い聞かせる

筆者はスケジュール帳に抱負を書いて、毎日見るようにしています。否が応でも目に入るところに書いておくことで、抱負を忘れず意識し続けることができます。

時に怠けたり落ち込むことがあっても、抱負を語った新年の新たな気持ちがフラッシュバックして、モチベーションアップに繋がりますよ。

 

以上、今回は新年の抱負を現実化する戦略3ステップをご紹介しましたが、いかがでしたか?

今年こそはと、毎年同じ抱負を掲げている人は、3つの戦略を実践して本当に今年こそは実現させましょう。途中で遠回りしたり、転んでしまっても諦めることなくポジティブな姿勢で!

初心忘るべからず。年末に達成感を味わえるよう、日々の努力を積み重ねていきましょう。

 

【関連記事】

※ 始めなきゃ損!「コストかけずにキャリアアップ」を実現するコツ

 デスクワークの女性は注意!すぐ病院に行くべき「キケンな腰痛」症状3つ

※ メンタルつよっ…!ノンスタイル井上に学ぶ「最強の前向き力」とは

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

5人に2人が経験!? 気がある女子だけにする「職場男子の意外な行動」

 

【参考】

※ Top 10 Strategies for Making Your New Year’s Resolution Stick – Lifehacker

 

【画像】

※ A. and I. Kruk / Shutterstock

ピックアップ記事一覧