当てはまったら一生貧乏!プロが教える「NG貯金法」と改善策

by

マネー, 仕事

お金, ビジネスマナー, モチベーション

突然ですが、あなたの貯金額はいくらですか?

目的がある人ない人も、何が起こるか分からない今の時代、貯金は安心材料として役にたってくれるもの。海外のファイナンシャルプラン専門サイト『Learn Vest』のファイナンシャルプランナーは、少なくとも収入の6カ月分を非常用として貯めておくことを勧めています。

貯金したい思いはやまやまだけど、なぜか貯まらない……。そんな状況の働き女子も少なくないはず。

そこで今回は、同サイトの記事を参考に、プロが教える“NG貯金術と改善法”をご紹介します。

 

■1:銀行口座が一つだけ

給与の振込、現金の引き出し、クレジットカードの引き落としなどがされるメインの銀行口座に貯金しようと考えていませんか?

毎月残った分だけ貯金しようと計画している人に多い術ですが、これでは一向に貯金は増えないでしょう。たとえ数ヶ月貯金ができたとしても、大きなお買い物をしてしまったり、気が大きくなって無駄遣いに走ってしまいがち。

この場合の改善法は、お金の出し入れをするメインの銀行口座以外に、貯金用の口座を作ること。また、本田健著『ユダヤ人大富豪の教え』でも、引き出しはせず預け入れだけを行う口座を持つべきだと述べられています。

増えていく一方の口座の残高を見ると貯金すること自体の喜びや自信を感じられます。

 

■2:ボーナスを貯金に回す

ボーナスや臨時収入を貯金に回そうと考えている人は、リスクが高いうえに貯まる楽しみは一生感じられません。

まずは毎月いくらを貯金していくのか現実的な数字を決めましょう。決まった金額を設定することで、する・しないの選択肢は自動的に“する”となり、感情の浮き沈みやストレスを軽減できます。

ボーナスや臨時収入があっても貯金額を増やす必要はありませんし、何%を貯金に回すかを決めておけばいいのです。あくまで無理せず、持続可能な額をコツコツ貯めることこそ重要なポイントです。

 

以上、今回はプロが教える“NG貯金術と改善法”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

筆者はこの2つの方法を実践して、実際に貯蓄を今も増やし続けています。それまで入っては使い、を繰り返していましたが自然と貯金用口座に毎月お金を入れる癖がついたのです。

毎月受け取る給与は同じだとしても、貯金があるだけでどこか不安は薄れ、心に余裕ができて生活さえ潤うような気がします。

今年こそ、貯金癖を身に付けたい人は、今すぐにでも行動に移してみて下さいね!

 

【関連記事】

うわっ…私の家賃高すぎ?ひとり暮らし女子なら「月収・割以下」が正解

知らないと損する!市販の風邪薬も交通費もOK「医療費控除」のコツ

見直しポイントはココ!無理せず「年数万円の節約」を成功させるコツ3つ

千円以上節約できる!働き女子が得する「週末食材まとめ買い」のコツ

※ 貯金上手は密かにやってる!仕事中にできる超カンタン「節約術」3つ

 

【参考】

5 Money Mistakes Even Good Savers May Make – Learn Vest

本田健(2003)『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)

ピックアップ記事一覧