今年こそ貯金!家計簿が続かない人もOK「シンプルなお金管理」3ステップ

by

マネー, 仕事

お金, マネジメント, 貯蓄

貯金をしたいのになかなかできないという方。もしかして、自分が何にどれぐらいお金を使っているかを知らないのではないでしょうか? 仕事においても“改善”ということは常に必要な考え方ですが、現状や今ある課題を知らずして“改善案”を立てることはできません。

ですから一歩進む前に“現状把握”をすることが重要です。

貯金もこれとまったく同じなのですが、かといって「家計簿をつける」となると続かない人がほとんどです。会社で経理を担当して以来、その手法を家でも実践している筆者のシンプルな3ステップをご紹介します。

 

■1:まずは自分の意識改革! 現状把握の目的をはっきりと

家計簿を細かくつけている人でも、そのデータを“改善”に生かせている人はどれぐらいいるでしょう。大抵の方は“きちんと整理したこと”に満足してしまっているのではないかと思います。収支を付ける前に自分がなぜこの作業を行うのか、きちんと理解することは継続にあたり大切なことです。

「赤字になっていないかを知りたい」のか、「費目(食費・娯楽費など)ごとに使った金額を知って節約プランを立てたい」のか、「どこのスーパーで何を買うのが安かったかを分析したい」のか等によって、それにかける工数は変わってきます。

 

■2:工数を減らし“費目別・収支分析”に徹する

これまで家計簿が続かなかった人は、“何にいくら使ったか、収入以上に使いすぎていないか”だけに絞ってみることがお勧めです。具体的な作業の前に、どんな費目をチェックしたいかを決めておきます。

代表的なものは“住宅費・光熱/通信費・食費/日用品・外食費・医療・交通費・美容・交際費・雑費”ぐらいでしょうか。もし「我が家は毎月コンサートに行くのでそれにかかる費用はチェックしたい」というニーズがあれば、“コンサート費”という費目を作っても良いでしょう。

 

■3:シンプルだから成功する“3ステップ”!

まずはレシートがある程度入るぐらいの小箱を用意してください。

(ステップ1) 財布にたまったレシートは箱にいれて保管し、月初になったら前月のレシートを取り出して費目別にわけていく

(ステップ2) レシートの山を費目ごとに合計してノートやエクセルに記録する

(ステップ3) 何にいくら使ったか、赤字か黒字かをみて、ひとり反省会

これだけです。最後の“ひとり反省会”が重要なポイント。つけるだけで満足せず、次月にいかしましょう! そして数カ月現状把握ができたら、「●を節約して毎月1万円貯金する」とういうような目標を立てるとよいでしょう。

 

以上、貯金のまえにするべき“現状把握の簡単3ステップ”をお伝えしましたが、いかがでしょうか?

ちなみにステップ2で費目ごとにつけるとき、銀行の手数料などの細々したものは全て“雑費”としたり、“祝い金や手土産はすべて交際費とする”というように、ある程度大雑把につけることが継続の秘訣。レコーディングダイエットと同様、記録することで“出費のダイエット”に効果があります。ぜひお試しください!

 

【関連記事】

※ うわっ…私の家賃高すぎ?ひとり暮らし女子なら「月収・割以下」が正解

※ 知らなきゃ損!納めた税金を「自分のために活用できる」補助金3つ

※ キーッ頑張っているのに貯まらない?「ムリせず続く貯金習慣」4つ

※ えっ…●●万円でOK!? 「女子のあこがれカフェ開業」必要な貯金額は

※ これじゃ一生ビンボー!働けど「いつも貯金ゼロ女子」のヤバい特徴5つ

ピックアップ記事一覧