整形なみ!脱のっぺりが叶う「一重・奥二重メイク」朝の小ワザ3つ

by

美容・健康

アイディア, メイク, 第一印象

「雑誌やネットのメイク特集って、ほとんどがパッチリ二重の人のために作られているのよね~。一重・奥二重の場合はこの手順にしたがっても上手くいかないわ」と悩んでいるという女性は多いのではないでしょうか? 筆者もそのひとりでした。

パッチリ二重の女性と比べて一重・奥二重さんの場合は、一生懸命メイクを頑張ってアイライン・アイシャドウをつけても目を開くと見えにくいのが悩みのタネ。

雑誌やネットで公開されている手順にしたがって流行のメイクを真似してみても、「なんか違う……」となりがちです。

やはり、一重・奥二重さんにはパッチリ二重さんとは違う“独自の対策”が必要。

そこで、メイクで四苦八苦してきた筆者の経験から、“一重・奥二重さんのためのメイク対策”をご紹介します。

 

■下準備が大切!キーワードは“引き算”

目をパッチリ見せようとすると、どうしても“アイメイク”に力を注ぎがち。しかし、その前に下準備を。

まず、“顔のむくみ”を徹底的にとります。そうすることによって、顔に占める目の割合を大きくし、相対的に目を大きく見せます。

フェイスローラーや指で顔をマッサージしたり、顔体操を習慣にして、日ごろから顔のむくみ対策を。

顔のむくみをしっかり取り除くだけでも、かなり顔の印象は変わるものです。

 

■メイクも“引き算”!鼻の存在感を消す

顔のむくみがとれたら、メイク開始。ここでも、アイメイクを頑張るよりも先に、“鼻周りのくすみ”を徹底的に消します。

鼻の存在感を消すことで相対的に目の印象が強くなり、一重・奥二重さん独特の目元の魅力が引き立ちます。

小鼻のあたりは、赤みやくすみが気になりがち。コンシーラーで小鼻周りのくすみ・赤みを消します。

 

■メイクは下まぶたを最大限有効活用

下準備ができたらアイメイク。まぶたが腫れぼったく見えないよう、赤みのないブラウンのアイシャドウを。

一重・奥二重さんは目を見開くとアイシャドウやアイラインが上まぶたに隠れてしまうので、アイライン・アイシャドウを下まぶたの黒目の下~目じりにもつけます。面積は小さいですが、目の印象がグッと強くなりますよ。

 

以上、“一重・奥二重さんのためのメイク対策”についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

目以外のパーツで“引き算”を心がけると、“一重・奥二重さんならではの魅力”が開花するかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

※ 1分で色っぽ顔!お風呂あがり「すっぴん風メイク」おすすめアイテム3選

※ 朝イチのヨーグルトはダメ!? 効果がムダになる「乳酸菌のNG摂り方」

※ 運動後に食べて絶大効果!「美しく健康な体」を作る身近な食材とは

※ コンビニ食にちょい足し!仕事帰りの美漢方的「疲労回復フード」3つ

 

【画像】

※ Benny(回憶是巨獸)/GATAG

ピックアップ記事一覧