ああっ…ソレだけは避けて!「一重・奥二重さん」のNGメイク3つ

by

美容・健康

アイディア, メイク, 第一印象

雑誌やネット、TVのメイク特集を見てもパッチリ二重のモデルさんばかり。

流行のメイクにチャレンジしようとして真似してみたら、残念メイクになってしまいガッカリした一重・奥二重さんは多いのではないでしょうか?

じつは、筆者もそのひとり。流行メイクを軽い気持ちで真似して数々の失敗をしてきた経験から、一重・奥二重さんはできるだけ避けた方がよいNGメイクリストと、その対策をご紹介します。

 

■1:りりしすぎる太眉

濃いめの太眉がトレンドって聞いたから早速取り入れてみたのに、なんだか眉毛だけが強調されてしまい「アレレ……?」な顔に。

涼しげな目元が魅力の一重・奥二重さんは、切れ長の目元を引き立てるために“目よりも印象の強い眉”は避けた方が無難です。

太眉にするなら眉毛を短くカットして明るいブラウンのパウダーでぼかす、濃い眉にするなら眉をやや細目に整えるなど、“眉が悪目立ちしないよう”心がけます。

 

■2:真っ赤なぽってりリップ

■1と同じ理由で、リップが目元よりも悪目立ちしないようにします。

濃い目のカラーにするならリップを若干小さめにつけるなどの対策を。

 

■3:赤み系アイシャドウ

一重・奥二重さんなら、「赤みの強いブラウンや、ピンクのアイシャドウはまぶたが腫れぼったく見えるので避けましょう」というアドバイスはさんざん聞いてきたのでは?

でも、ピンクやオレンジ、赤など暖色系の可愛いカラーが好きな女性は多いですよね。一重・奥二重だからといって、諦めたくないと考えている人は多いはず。

一重・奥二重さんの場合は、赤み系アイシャドウを下まぶたの目じりにつければOKです。京都の舞妓さんのような色っぽい目元になります。

または、ピンクや赤のピアス・イヤリングをつけるという代替策もあります。目元の近くにあり、“顔の一部”と言えなくもない耳元にピンクや赤などの可愛いカラーをもってくれば、たとえアイシャドウが無難なカラーでも顔周りのが華やかな雰囲気になりますよ。

 

以上、一重・奥二重さんはできるだけ避けた方がよいNGメイクリストとその対策をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

涼しげな目元が引き立つメイクで、本来の魅力をアピールしてくださいね。

 

【関連記事】

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ ウソッ…逆にポチャる!? 栄養士は絶対しない「ダイエットNG習慣」3つ

※ えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

※ 忙しい朝はコレ!国際線CA直伝「崩れないファンデ」の時短テク

※ 28歳以上はNG!あそこの「メイク盛りすぎ」は職場で尊敬を失うと判明

 

【画像】

※ takayuki / Shutterstock

ピックアップ記事一覧