ウザすぎる~!と思ったら…職場の「困った同僚と上手く付き合う」コツ

by

職場

コミュニケーション, マネジメント, モチベーション

誰にでも職場に1人2人、苦手な人や付き合いたくない人はいますよね。ただ付き合いにくいだけならよいのですが、あれやこれやと自分に被害を及ぼすような同僚は困ったもの。自分の評価が下がるようなことは避けたいですよね。

そんな困った同僚と上手く付き合うコツはあるのでしょうか。企業にて人事部門を担当し、あらゆる人間関係トラブルに巻き込まれてきた経験からタイプ別にご紹介していきましょう。

 

■1:人の悪口や不平不満など“ネガティブ言動”が多いタイプ

口を開けば悪口、仕事の不満……。聞いているだけでうんざりさせられてしまうこのタイプ。上手く付き合うコツは、話をされたらまずは一通り聞いてあげること。このタイプはただ話したいだけであることも多いため、受け止めてあげるだけでまずは満足してくれるでしょう。

注意したいのがその話に同調しないこと。「私もそう思う~」などと言っていてはいつの間にか周りからも同類とみなされてしまいます。あくまでも聞くだけで、「そうなんだ〜」くらいにとどめておきましょう。

 

■2:人の足をひっぱる“嫉妬深く卑怯”なタイプ

いわゆる“マウンティング”をしかけてきたり、嫉妬心むき出しで攻撃的なこのタイプ。いい意味では負けず嫌いなのかもしれませんが、足を引っ張られるのは避けたいところ。

このようなタイプには、堂々とした態度をとり、「あなたより下ではないのよ!」と対等な関係を作れるよう、仕事で成果を出してアピールしたり、下手に頭を下げないようにする方がよいでしょう。

他人と対立し、攻撃することに生きがいを見出すタイプでもあるため、逆に“味方”であると感じさせる行動や言動をとると離れていくことも。

 

■3:仕事はとにかく手抜きしたい“やる気ナシ&甘え”タイプ

会社に何しに来ているんだろう……と思うようなやる気の無さ、できれば仕事はしたくないという、プロ意識ゼロのこのタイプ。しかし、仕事はやってもらわなければ自分にも被害が及びます。

このようなタイプの場合はしっかりできていないこと、やるべきことを淡々と指摘しましょう。「やる気が無い」「やりたくない」という相手の気持ちは無視です。

やらなければならないことがちゃんとできているかだけを見て、他の部分は見ないふり。できていないことにだけしっかり指導しましょう。あれこれ甘えた言い訳をするかもしれませんが、スルーしてしまいましょう。

 

以上、困った同僚とうまく付き合うコツをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

相手を簡単に変えることはできませんが、自分自身が付き合い方を変えることはできます。また、付き合いにくいと思う理由には、自分自身にも理由があるはず。その理由は何なのかを考え、その原因となることや環境から適度に距離を置くようにするとよいのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※ うっ…残酷!? 東京タラレバ娘に学ぶ「30代で失うこと」3つ

※ 朝「会社行きたくない…」頑張らなくても出社できる3つの考え方

※ その決断…大丈夫!? 「転職に失敗するアラサー女子」の残念な特徴

※ 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ ヤダ…あの2人も怪しい!? 「社内不倫カップル」の見抜き方4つ

 

【画像】

※ tooru sasaki / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧