本当の幸せに迷ったら…「恋愛に悩む女子のための良質映画」3選

by

恋愛・結婚

キャリア, 人間関係, 婚活

「お金持ちと結婚して、高層マンションに住んで、エステに通って、海外旅行をたくさんしたい!」女子であるなら一度は夢見る、そんな贅沢な生活。「お金があれば、きっと幸せに……」と、華やかな生活を目指すなかで、背伸びをしたり、無茶したり、本当の自分を見失ったりしていませんか?

あまりに忙しい毎日の中で時に見失ってしまう“本当の幸せ”。

今回は、日々映画のレビュー等のチェックを欠かさない映画通の筆者が、自分にとっての幸せとは何かを改めて考えさせてくれる、“女子のための良質映画3選”をご紹介します。

 

■『ティファニーで朝食を』

お金持ちとの結婚を夢見る自由奔放な女性ホリーが、真実の愛を手にいれるまでを描いたストーリー。ニューヨークを舞台に、オードリー・ヘップバーンがホリー役を演じます。

お金持ちとの結婚を夢見て日々奮闘するホリー。そんな彼女の元に、小説家のポールが現れます。ポールに惹かれていきながらも、なかなか自分の気持ちに素直になれないホリー。そんな彼女が最後に選んだ結末に、幸せの涙が頬を伝います。

『ムーン・リバー』のメロディーが耳に残る、後味のいい映画です。

 

■『13 LOVE 30 サーティン・ラブ・サーティ』

13歳の女の子ジェナがある日突然体だけ30歳の自分になってしまうというコミカルな設定。ニューヨークで憧れの職業に就いていたジェナは、一方で大切なものを失っていたことに気付きます。

仕事をバリバリこなしていると、時に見失ってしまう家族や友人、恋人などの大切な存在や、自分の信念や美徳などの自分を支える柱。この映画では、“自分が本当に大切にすべきものは何なのか”ということを、一度立ち止まって、考えさせてくれます。

マドンナの『クレイジー・フォー・ユー』という曲が流れるエンディングには、目頭が熱くなること間違いなし。ぜひ自分の姿をジェナに重ねながら観てみてください。

 

■『アメリ』

フランス国内で記録的な大ヒットをした『アメリ』は、内気な女の子アメリが身近な人たちをちょっとした仕掛けで少しずつ幸せにしていくストーリー。物語の中盤で登場する青年ニノに恋するアメリですが、自分のこととなるとなかなか一歩踏み出すことができません……。

そんなアメリが幸せを掴むことを心から応援したくなる、とってもキュートな映画です。

アメリを演じるのは、この映画で一躍有名となったオドレイ・トトゥ。観る者を一瞬にして虜にする彼女の演技と、どのシーンをカットしても一枚の綺麗な絵になるような映像の美しさも映画の見どころです。

最後のシーンにはほっとした気持ちになるとともに、日常の些細な幸せを改めて噛み締めたくなります。観た後は誰もが幸せな気持ちになり、大好きなあの人に連絡をしたくなるはずです……。

 

以上、幸せが何かを気づかせてくれる“おすすめの映画3選”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

忙しい生活の中に身を置いていると、時に見失ってしまう自分にとっての本当の幸せ。今日ご紹介した映画は、忘れかけていたそんな幸せを思い出させてくれる、心に響く映画ばかりです。

お休みの日の前日の夜などに、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ 彼の本心バレバレ!手っ取り早く男性の「本気度」を測るチェック法3つ

※ ベッキーも…!? 独身女性のなんと64%が「不倫経験あり」と判明

※ 恋と仕事…両方失う危機を回避!デキる女子が「イイ恋愛する」秘訣

※ ヤダ…あの2人も怪しい!? 「社内不倫カップル」の見抜き方4つ

 

【画像】

※ A. and I. Kruk / Shutterstock

ピックアップ記事一覧