エッ…お宅は月3回以下!? 夫が「エセ愛妻家」かどうかの境界線が判明

by

恋愛・結婚

人間関係, 共働き, 結婚生活

お宅の旦那様は、愛妻家ですか?

『BizLady』の過去記事「あなたの夫はどうかしら!? “妻を大切にする夫”がやってる愛情表現3つ」では、家事をしてくれたりカラダを気遣ってくれたりする夫は、妻を大事にしている証だとご紹介しました。

一方、どんなに仲良し夫婦でも、ときには夫婦喧嘩をしてしまうこともありますよね?

仕事が多忙ですれ違っているときほど、疲れていることもあって口論が増える共働きカップルも少なくないそう。

じつは、なにげない夫婦喧嘩の回数や、喧嘩後の夫の態度をチェックすると、真の愛妻家なのかがカンタンに見破れちゃうんです!

そこで、ゲンナイ製薬が既婚男性1,000名に実施した調査結果をもとに、夫婦喧嘩を分析するだけで“夫が真の愛妻家かを見抜くコツ”をお伝えします!

 

■愛妻家の家庭では喧嘩が月に2.8回以下!?

お宅では、どのくらいの頻度で夫婦喧嘩が起きますか?

同調査によれば、愛妻家と非・愛妻家で平均頻度を比較すると、愛妻家では月に2.8回、非・愛妻家では月に5.3回になるのだそう。

つまり、愛妻家は非・愛妻家の半分程度しか夫婦喧嘩をしていないんです。

お宅の頻度と比較していかがですか?

 

■愛妻家の夫ほど妻に向き合う!?

また、お宅では喧嘩のあとに互いの怒りを鎮めるために、どんな風にしていますか?

同調査によると、愛妻家は、非・愛妻家より「原因解決のため話し合う」男性の割合が高くなるのだそう!

具体的には、愛妻家では29.0%に達するのに対し、非・愛妻家では13.0%まで下がり、その割合は半数以下になるんです。

喧嘩の根本的原因を解決できない限り、同じようなことで再び喧嘩が勃発してしまうはず。愛妻家ほど、キチンと妻と向き合おうと努力することが読み取れます。

 

以上、“夫が真の愛妻家かを見抜くコツ”いかがでしょう?

今回の結果を分析してみると、夫婦喧嘩が月に2.8回以下で喧嘩のあとに原因解決のため話し合ってくれる夫は、間違いなく“愛妻家”認定してよさそうですね。

共働き夫婦だと、家事や育児の負担が女性に重くのしかかるので、言い争いも増えがちかもしれません。

お宅の旦那様は喧嘩のあとにどんな態度で接してきますか?

 

【関連記事】

脱ゆらぎ肌!多忙でも「いつも自慢の素肌」をキープするためのケアとは【PR】

トイレですっきり!93%が効果を実感の「ムリせずどっさり」の秘訣とは【PR】

さすがアメリカは大胆!? 日本とは大違い…「驚きの恋愛事情」とは

3ヶ月で-3.2kg!? 芸能人も実践する「酵素」で痩せやすい体質になる方法【PR】

働き独女がたった1人の「運命の人に出会う」ためにまずすべきこと

 

【参考】

愛妻とのコミュニケーション実態調査 – ゲンナイ製薬

ピックアップ記事一覧