お湯で朝洗顔はダメ…!? 間違えがち「朝のスキンケアNG習慣」3つ

by

美容・健康

スキンケア, メイク, 美容グッズ

美肌のためのスキンケアの話しになると、大抵はナイトタイムのケアに注目されがちです。しかしメイク前のベースとなる朝のスキンケアも、一日の肌状態を左右する重要な役割があります。

出勤前で時間がないからといって、手抜きをしていませんか?

忙しい朝こそ、無駄を省いて正しいケアを行うことが大切です。

そこで今回は、海外の美容サイト『BYRDIE』を参考に美容ライターの筆者が、朝こそ間違えがちな“スキンケアNG習慣”をご紹介します。

 

■1:お湯で洗顔

寒い今の時期はとくに、温かいお湯で洗顔する人が多いことでしょう。しかし、体温よりも高い温度のお湯で洗顔すると、肌に必要な油分まで溶かし乾燥を招いてしまいます。

毛穴の引き締めにも効果があるため、少し冷たいぬるま湯か水で洗顔するのがオススメ。夜もできるだけ、温かいお湯での洗顔を避けましょう。

 

■2:スクラブ洗顔

週に1回程度行うのが適当なスクラブ洗顔ですが、これからは夜ではなく朝行ってみましょう。

寝ている間に肌の再生・補正が行われ、それらの汚れを取り除くにはスクラブ洗顔が最適。また、肌の質感が良くなることで、化粧ノリが抜群にアップします!

 

■3:急いで重ね塗り

時間との戦いを強いられる朝、しっかり入念な手入れはしていられません。だからといって化粧水、美容液、乳液を急いで重ね塗りしては、効果が半減してしまいます。

水分補給する化粧水、栄養剤となる美容液、そしてそれらの効果が逃げないようにフタをするのが乳液の役割。それぞれのアイテムを塗ったら両手で顔全体を覆うようにして温め、乾くのを待ちましょう。肌に浸透させて初めて、効果が発揮されるのです。

 

以上、朝こそ間違えがちな“スキンケアNG習慣”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

正しくスキンケアを施してベースができたら、化粧持ちも良くなります。美肌へ近づけるだけなく、化粧直しの手間さえ省けるかも。

明日からは正しい朝スキンケアで美肌ゲットを目指しましょう。

 

【関連記事】

※ メイクを落とさず寝るよりヤバい!どんなに忙しくてもケアすべき部分はココ

※ 冬のおデブ化を阻止せよ!ラクして痩せる「基礎代謝UPのコツ」4つ

※ 30代働き女子が焦らず「出会いから1年以内に結婚する」3つのコツ

※ アラサーだって可愛くしたい!ヒンシュクを買わない「若作り」のコツ

※ うっ…残酷!? 東京タラレバ娘に学ぶ「30代で失うこと」3つ

 

【参考】

※ The Morning Skincare Mistakes You’re Probably Making – BYRDIE

ピックアップ記事一覧