デキる女性はみな早寝?「夜更かしすると仕事がはかどらない」理由3つ

by

仕事, 暮らし

コミュニケーション, 仕事, 睡眠

みなさんは、普段何時くらいに就寝しているでしょうか?

仕事が忙しいと、帰宅してなんだかんだしていると就寝時間が遅くなってしまうことも多いですよね? それどころか、仕事帰りにちょっと飲みに行ったり食事に行ったりすると、結局0時を回ってしまうこともあるのではないでしょうか。

ところが仕事がデキる人、生産性の高い人はみな夜寝る時間が早いというのです。一体どういう理由があるのでしょうか。ちょっと気になりますよね?

そこで今回は『BizLady』の過去記事や、海外の情報サイト『Inc.』などの記事を参考に、“夜更かしすると仕事ができなくなる理由3つ”をご紹介します。

 

■1:記憶力が下がる

じつは睡眠の質と量は、たとえばあなたが仕事で何か新しい知識を獲得したり、新しいノウハウを学んだりしたときの吸収やその記憶の定着に大きく影響を与えるのです。

睡眠不足は集中力を欠き、記憶力が下がります。

これはけっこう仕事に影響を与えますよね。たとえば早寝で良質な睡眠をとっている人が1回でマスターできることを、何度も何度もやらなければ覚えられなかったり、記憶の定着も悪くなったりと確実に仕事の効率を落とします。

 

■2:気分が安定しない

睡眠時間が遅くなり、睡眠不足状態だと情緒が不安定になります。怒りっぽくなったり、不安を感じたり。こうした気分でいると、対人関係に悪影響を及ぼしてしまいますよね。

気分がコロコロ変わり、言うことがいろいろ変わる……。ひどい場合には、うつ病などになってしまうこともあるようです。

ちょっと寝るのが遅くなったくらい、では済まされない事態になることもあるようです。

 

■3:判断力を低下させる

睡眠不足がもたらす大きな要素として、判断力を鈍らせてしまうということがあります。これは仕事をしていく上では致命的ですよね。

仕事上の判断だけでなく、生活全般の判断基準も狂わしてしまうこともあるよう。

夜更かしや、睡眠不足の悪影響は、このように深刻なのです。

 

以上、“夜更かしすると仕事ができなくなる理由3つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

仕事が忙しいと寝るのが夜遅くなる。寝るのが遅くなると、仕事がますます捗らなくなってしまう。こうした悪循環を断ち切るためにも、早寝をしてまとまった睡眠時間を確保しましょう。きっと仕事がどんどん捗るようになりますよ。

 

【関連記事】

※ 多忙な時こそ!体調管理のために知っておくべき「睡眠効果」3つ

※ 仕事がどんなに忙しくても「いい女」であり続けるために磨くトコロ4つ

※ 多忙女子ショック!「睡眠時間が7時間以下」の女性は太りやすいと判明

※ 冬のおデブ化を阻止せよ!ラクして痩せる「基礎代謝UPのコツ」4つ

※ ミス連発!働く女子が「睡眠不足を絶ッ対に回避すべき」納得の理由5つ

 

【参考】

※ 7 Reasons Productive People Go to Bed Early – Inc.

 

【画像】

※ rachel CALAMUSA

ピックアップ記事一覧