隠し通すべき?「社内恋愛を公表するリスク」と守るべきルール

by

恋愛・結婚, 職場

同棲, 婚活, 社内恋愛

あなたの会社では、堂々と社内恋愛できますか? タレントの紗栄子さんと恋人関係にあることを公表した、前澤友作社長のスタートトゥデイでは、「社内同士の結婚も多く21組。社内カップルは40組程度います」と、な、な、なんと会社のホームページ上で公表していますが、ここまでオープンな会社はまだ少数派。

もし社内に大好きな相手がいて、付き合っていることを公表した場合、職場でどのようなリスクが待ち受けているのでしょうか?

そこで今回は、“社内恋愛を公表するリスクと守るべきルール”についてお届けします。

 

■別れると周りもすっごく気まずい

これは、筆者の目撃談となりますが、同じ会社で付き合っている2人が公表に至ったものの、その後破局。本人同士だけでなく、周りの人たちも「あの2人を仕事で絡ませて大丈夫だろうか?」と気をもむ事態に……。

社内恋愛は、仕事とは関係のないところで同僚に気を遣わせてしまうこともあるのです。

もし公表したのに別れてしまったら、「社内では私情ははさまず、仕事優先にする」ということを周囲にも伝える必要があるでしょう。

 

■彼が社内恋愛の“オオカミ”だったことがバレる

どの組織にも「社内の女性はほとんど恋愛対象」という色好みな男性が少数ながらいます。

あなたに情熱的に言い寄ってきて付き合うことを決めた相手、本当にあなただけを見ていますか? じつは残業を口実にいろんな女性を飲みに誘っている可能性も。彼の口説き文句を100%信じて付き合いだした後、幸せの絶頂から奈落の底へ……なんてことは避けたいもの。

かつて彼に泣かされた女性の恨みを買って泥沼に巻き込まれぬよう、「あれ、ちょっと変だな」という疑念がわいてきたら、公表するより先に話し合いをすることをおすすめします。

 

■プライベートがさらされる恐れ

恋愛中には、誰かにノロケ話をしたくなるもの。社内で恋愛を公表したからといって、「彼女の作るカレーライス、オシャレだけど激マズなんだ」「彼の足が激クサ」といった何気ないグチやノロケ話に対しては、同僚はウンザリするか、女子社員達のランチ中のゴシップの餌食になるかどちらかでしょう。

お互い、「プライベートな話は同僚にしない」と決めておいた方がよさそうです。

 

以上、“社内恋愛を公表するリスクと守るべきルール”をお届けしましたが、いかがでしょうか?

恋愛真っ最中には、周りが見えなくなってしまうこともあります。とはいえ、一歩引いた視点も忘れず、職場では仕事最優先ということを忘れずにふるまいたいものです。

 

【関連記事】

オトクに賢く!センスをアピールできちゃう「本命バレンタイン」の選び方♡【PR】

テク不要で「毛穴レス美肌」に♡杉本彩も注目の●●美容法【PR】

トイレですっきり!93%が効果を実感「ムリせずどっさり」の秘訣【PR】

多忙でも放置NG!働き女子が「いつでも自慢の素肌」を保つ習慣とは【PR】

ここで差がつく!今年の義理バレンタインは「男性が好きな○○」で決まり【PR】

 

【参考】

スタートトゥデイにはどんな人が働いてるの?

ピックアップ記事一覧