もう失敗しない!「30歳からの未経験」転職を成功させる3つのステップ

by

仕事, 職場

モチベーション, 人間関係, 転職

新年度に向けて、心新たに転職をしたいと活動している方は多いのではないでしょうか。

転職を決める時は“現状に不満がある時”が多いものですが、「焦って安易に転職先を決めしまうと今の職場より悪い環境となり、後悔することもあります。

せっかくならこれを機に、将来自分が大切にしたい働き方を考えてキャリアアップに繋げてほしいと思います」と警鐘を鳴らすのは、大手企業などで社員のキャリア開発研修に携わっている矢野さん。

30歳を過ぎてからの転職を人生の糧にすべく、3つのステップを教えていただきました。

 

■1:“これからの人生”で手に入れたいものと、“それを叶える仕事”は何かを考えてみる

「あなたが手に入れたいものは、どのような仕事で得られるのでしょうか。もし“時間的なゆとりが欲しい”のであれば、“将来的に在宅勤務が可能な仕事・残業がほとんどない仕事・自分のペースで進められる仕事”などと表現することができるでしょう」

自分の希望に正直に、そしてそれを満たすにはどのような仕事につけばよいか、一歩踏み込んで考えてみましょう。

 

■2:“市場が求めること”と“自分の特徴”をかけ合わせて対象企業を絞る3ステップ

「新規分野に進出する企業や営業系では、未経験者を採用する場合もあります。求人サイトなどで中途採用の傾向を調べ、自分が興味のある仕事の採用条件を知っておきましょう。一枚の紙を用意したら以下の3ステップで分析していきます。

1)紙の中心部分に“自分の強み・興味・経験”を書きます。
2)その周りに求人情報でみつけた“具体的な採用情報”を書き出していきます。あまり絞りこまず、希望を含めて書きだしましょう。
3)最後に、中心に書いた自分の“興味・強み・経験”と、周りの採用情報で関わりのありそうなものを太い線で結びましょう」

このようにすれば、自分のもつ強みがどんな職種・会社で生かせるのか、という現状がみえてくるそうです。

 

■3:優先順位を決めて採用情報をランキングする

「最後に2で出てきた転職情報の周りに待遇や条件をメモしましょう。自分の希望を全部満たし、求人条件に合致する会社があればベストですが、なければ優先順位を決めてランキングしてみます。

ここで大切なのは、自分の経験が100パーセント条件に合わなくても、魅力的な求人であればとりあえずアタックしてみること。ダメでも勉強になりますし、採用される可能性だってゼロではありません」

自分が思っているより少し挑戦することも大切だと、矢野さんは言います。

 

以上、“30歳を過ぎてからの転職を人生の糧にするべき”3つのステップを教えていただきましたが、いかがでしょうか?

「夜な夜な求人情報を眺めて“応募ボタン”を押す」というような、気楽に転職ができる年齢は限られています。自分の内面や現実としっかり向き合って、よい会社と巡りあってください!

 

【BizLady Presents PR】

この夏ずーっと!つるりん美肌キープできる「医療脱毛」のタイミング 

エステ脱毛より時短!? 賢い大人女子が「医療脱毛」を選ぶワケ 

今年は脱毛デビュー!オトナ女子におすすめの「脱毛方法」徹底比較 

管理栄養士直伝!ぽっこりお腹もすっきりの「酵素パワー」とは 

「社内恋愛の盛んな会社」1位はアノ企業!その恋で注意すべきこと

 

【取材協力】

※ 矢野里絵(やの・りえ)・・・一般社団法人ソシオスタイル代表理事。通信教育会社にて教材開発を経験後、大手人材派遣会社で起業家セミナー、事業開発プロジェクト、留学生の就職支援プロジェクトを担当。その後研修会社に参画し、カリキュラム・コンテンツ開発の責任者として300件以上の開発を行う。日経Woman主催、「企業×大学のダイバーシティ推進Project Based Learning」などにも携わる。

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧