さあ今日から気持ちをリセット…!「好きになれない同僚」との上手な付き合い方

by

職場

コミュニケーション, ビジネススキル, 人間関係

職場の人間関係とは複雑なもので、なかなか一筋縄ではいかないのが現実です。

「あの人、なんか苦手だな~」

そう感じてしまう同僚は、誰だってひとりくらいはいるのではないでしょうか。

自分に害のない人間であれば仕方ないかと何とか見て見ぬ振りでやり過ごすこともできますが、仕事上からむことが多い相手なら、それは日々のストレスになるはず。

そこで今回は、さまざまな企業を渡り歩いて来た筆者の経験を元に、どうしても“好きになれない同僚”との上手な付き合い方についてご紹介します。

 

■苦手オーラは出さない

いくら苦手だからと言って、それを態度に出してしまうのは禁物。それを察した相手も、そっけない態度で接してくるなど、結局自分にとっていいことはありません。

相手の姿は自分の鏡と言われるように、自分から苦手オーラを出してしまえば、相手からも良い反応は返ってこないということです。

好きになれない相手と付き合うには、正直、表面的なやりとりでやり過ごすのが一番。その際には苦手オーラは出さず、自然さを装ってみること。そこにはあくまで自分自身の本音や感情は必要ありません。

 

■自我を捨てて、演じる

仕事上、どうしても好きになれない同僚とからむ場面が多いとなると、それは非常に辛いものです。ストレスはたまるわ、下手をすれば仕事に支障がきたすこともあるかもしれません。

そんなときは、もう仕方ないと自我を捨て、感情云々ではなく仕事人としてひたすら演じることが重要です。たとえばお願いする立場であれば、上手く相手を持ち上げて、あくまで円滑に物事が進むようなキャラを演じること。

「なんで、自分ばっかり……」と思う瞬間もあるかもしれませんが、そんな心の声は聞こえないフリをして、業務を全うすることに専念しましょう。

 

■どんなリアクションにも心を無にする

相手から感じの悪いリアクションを返されたら、思わずムッとすることも多いかと思います。そして、自分自身もつい口調がきつくなって、応戦してしまうことも……。

それが一時的な仕事上のことであれば問題ないのですが、個人的な問題にまで持ち込んでしまうと、いろいろと関係がこじれてしまいます。

相手がどう反応しようと、どんな態度を取ろうと、心を無にして相手にしないことが一番です。鵜呑みにして動揺するのではなく、相手をうまくかわして、一枚上手の態度でいることを心掛けてみましょう。

 

以上、今回はどうしても“好きになれない同僚”との上手な付き合い方についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

仕事となると相性の良い相手とだけ付き合うことができませんよね。だからこそ難しいのですが、自分なりの処世術を身につける機会として、あえて前向きにとらえてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ あーん我慢の限界っ!「特定の部下をひいきする上司」の対処法3つ

※ メンタルつよっ…!ノンスタイル井上に学ぶ「最強の前向き力」とは

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ 羽鳥&赤江アナに学ぶ!男女が「良きビジネスパートナー」になるコツ

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

ピックアップ記事一覧