カトパンに学ぶ!30歳からの「愛され女子」のキャリアの築き方

by

仕事

出世, 出産, 転職

フジテレビの加藤綾子アナウンサーが、この春に退社することが明らかになりました。今後は、フリーアナウンサーとして仕事を続ける見込みだと言われています。

これまで、毎朝3時起きで同局のニュース番組『めざましテレビ』に出演し続け、揺るがぬ人気とスキルを手に入れた加藤アナは、今後はフジテレビ以外のフィールドでも活躍の場を広げていくのでしょう。

そこで今回は、加藤綾子アナから学ぶ“キャリアの築き方”についてお届けしていきます。

 

■人気を手にした花形アナウンサーの次の願いは……?

加藤アナのスゴいところは、誰にでも愛される、ゆるふわっとした物腰柔らかな雰囲気の中に、手堅い目標や野望を隠しているところ。

フジテレビの公式ホームページ上で、入社4年目頃から30歳ころには結婚したいと言い続けています。

同ホームページに掲載された彼女のインタビューをひとつひとつ読んでいくと、あるキーワードが出てきます。

入社4年目、2011年のインタビューでは、

<お母さんになったら、お弁当を作ってあげたいな>
<お母さんには憧れます>

入社5年目、「5年先・10年先の自分はどうなっているか」という問いに対し、

<想像つきませんが……お母さん! ですかね。>

そして2015年夏、「10年後、40歳の時にはどんな生活を送っている予定ですか!? 」という質問には……、

<子育てに追われていたいです!!>

4年間にわたって、彼女の願望は全くブレていません。深読みしすぎかもしれませんが、こうして公言し続けることで、“いつかは働き方を変えざるを得ない”ということをアピールしていたのかもしれません。

 

■30歳前後は、「今の働き方で大丈夫?」と自問自答するとき

フジテレビ退職の道を選んだ加藤アナは、ある程度キャリアを重ねた30歳を、自分の働き方を変える節目として考えていた可能性があります。

「今の仕事は結婚・子育てと両立できるのか?」と考えた時、毎日3時起きの生活に加え、多数のレギュラー番組を抱える多忙な彼女は、「この働き方じゃちょっと……。もう少しフレキシブルに働きたい」と考えた可能性もあります。

彼女はフジテレビの先輩である高島彩アナウンサーへの尊敬の念をつづっていますが、高島アナは独立して結婚し、仕事も育児も充実している様子。現在、会社員として、“エース”の重責を担っている彼女は、そうした親しい先輩の後ろ姿にも何か思うところがあったのかもしれません。

『BizLady』読者の皆さんも、「20代~30代前半はキャリア形成のとき」と無我夢中で働いている方が多いのではないでしょうか? そうしてキャリアを積み重ねることは、結婚や出産をしても働き続けられる基礎になる得るかもしれません。

 

以上、加藤綾子アナに学ぶ“キャリアの築き方”についてお届けしましたが、いかがでしょうか?

20代~40代は、「結婚するかしないか」「子どもを産むか、仕事に没頭するか」「育休をとるか、やめるか」……などさまざまな迷いが生じる時期。そんな時、自信につながるのが仕事で得た経験や知識です。

胸を張って次のステップに進むためにも、誇りを持って明日の仕事に取り組みたいものです。

 

【関連記事】

職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

赤江珠緒に学ぶ!「職場で愛されるアラフォー」になる秘訣4つ

もう失敗しない!「30歳からの未経験」転職を成功させる3つのステップ

隠し通すべき?「社内恋愛を公表するリスク」と守るべきルール

ベッキーも…!? 独身女性のなんと64%が「不倫経験あり」と判明

 

【参考】

Announcer’s answer vol.6 加藤綾子 – フジテレビ

※ Announcer’s answer vol.12 加藤綾子 – フジテレビ

※ Announcer’s answer vol.21 加藤綾子 – フジテレビ

※ ピックアップインタビュー – フジテレビ

 

【画像】

※ blanche / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧