もう爆発しちゃう!職場で人間関係に凹んだら「気分一新する」秘策3つ

by

仕事

メンタルヘルス, 人間関係, 仕事

理不尽な上司の発言や恐ろしいお局さんの存在……。「この人さえ居なければ楽なのに……」と、日々職場での人間関係に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

『エン派遣』が実施した調査によると、社会で働く約7割の方が“仕事でのストレスを強く感じる”、または“かなり強く感じている”と回答。その原因の主なものが同僚や後輩、あるいは上司との人間関係でした。

どんなに苦手な相手とも仕事上では関わらなくてはいけないというのが、厳しい社会の現実。

そこで今回は、さまざまな人間のいるストレスフルな環境で働いた経験のある筆者が、職場の人間関係にストレスを感じたときにぜひ実践してほしい“気分が劇的に楽になる秘策3つ”をご紹介致します。

 

■1:ネットで広い世界を見る

無神経な同僚の言動などにイライラすることが、日々あるかと思います。無機質なオフィスにずっといるとその言動ばかりが気になって、なかなか仕事に集中できないですよね。

そんなときに実践してほしいのが、ネットで自分の好きなスポットの画像を検索すること。たとえばハワイが好きであれば、”ハワイ ビーチ 夕日”などのキーワードを入力して画像を検索。そうする“オフィス”という狭い世界観から一時でも抜け出せて、広い海や空が広がるハワイのビーチに思いを馳せることができます。

狭い世界の中にいると、どうしてもその中で起きることに執着してしまいますが、世界を広げてみると案外気持ちが楽になるもの。「よ~し、今年の夏こそハワイに行くぞ~!」というポジティブな感情も芽生えてくるはずです。

 

■2:深呼吸をする

ストレスを感じている時やイライラしているとき、呼吸が浅いことに気づいたことはないでしょうか? 怒ったりすると呼吸が浅くなりがちですが、逆も同様、じつは浅い呼吸がイライラやを引き起こすのです。

そこで行って欲しいのが深呼吸。海外の情報サイト『npr books』は、「深呼吸をすることで人をリラックスさせる副交感神経が働きストレスにも対処しやすくなる」と、深呼吸がもたらすリラックス効果を高く評価しています。

“副交感神経が働いている”ということを意識しながら深呼吸するとより効果的です。ゆーっくり息を吸い、ゆーっくり息を吐いて、全身の力が抜けていくことを感じてみてください。

 

■3:笑いたい気分じゃなくても、笑顔を作ってみる

怒っているときやイライラしているとき、大抵私たちの顔は強張っています。顔の表情と感情というのはリンクしているもので、強張った表情のままリラックスするというのはなかなか難しいですよね。

海外の『aps』というサイトによると、たとえ気持ちがそうでなくても笑顔を作るだけでストレスの軽減が見込めるのだとか。レジの店員さんに笑顔で「ありがとう」と言ってみたり、お散歩中のわんちゃんに向かって優しく微笑んでみたり、お化粧室の鏡に向かって笑顔を作ってみたり……。

笑顔になったとき、人は自分自身に対する労りの気持ちが増す気がします。

もうどうしようもなく気持ちがブルーになったときは、ぜひ“笑顔を作ること”を意識してみてください。「しょうがない。また頑張るか」と少し前向きな気持ちになれるはずです。

 

以上、“ストレスフルな状況の時にぜひ実践してほしい3つの秘策”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

今日ご紹介させていただいた3つの秘策はどれも簡単にできるものですので、「もう嫌だー!」と叫びたくなった時、ぜひ上に挙げた内容を思い出し実践してみてください。少しだけでも、きっと気持ちは楽になるはずです。

 

【関連記事】

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ 3位お金、2位人間関係…アラサー働き女子の「ストレス原因」1位は?

※ 仕事デキない原因に!? 無意識にやりがち「実はNG食習慣」3つ

※ うっ…残酷!? 東京タラレバ娘に学ぶ「30代で失うこと」3つ

※ 朝「会社行きたくない…」頑張らなくても出社できる3つの考え方

 

【参考】

※ 仕事のストレス、最大の原因は人間関係 – エン・ジャパン株式会社

※ Just Breath – npr books

※ Grin or Bear it! – aps (association for psychological science)

ピックアップ記事一覧