残念賞!? イケてない女子認定されちゃう「ヤバいスーツ姿」ワースト3

by

職場

ビジネスマナー, ファッション, 人間関係

オフィスで、上司や後輩から密かに「イケてない人だなぁ……」って思われていたら残念すぎますし、大ショックですよね?

本人は“イケてるつもり”でも、周囲からは“イケてない人”認定されちゃう場面は、意外とあるようなんです。

たとえば、「今日は大事な商談があるから、お気に入りのスーツでビシッと決めちゃおう」と意気揚々とオシャレして出社したのに、周りから「うわぁ。残念賞」などと呟かれていたら……!

穴があったら入りたいっ!という心境に陥る女子も、少なくないのでは?

そこで、小学館の『女性インサイト研究所』が実施した調査結果をもとに、密かにイケてない人認定されちゃう“残念すぎるスーツ姿”のワースト3をお伝えします。

 

■ワースト3位:着こなせていない

「ひとのスーツ姿が“イケてない”と思ったポイントはどこですか?」との問いに対しワースト3位になった回答は、「着こなせていない」でした。

「スーツを着ていたら“授業参観のお母さんみたい”と言われた」というコメントもあり、自分に合っていないスーツをチョイスしてしまうと、着こなせずにダサい印象になることも。

試着の際に、店員だけでなく友人などの意見を求めておくと安心です。

 

■ワースト2位:サイズが合わない

続いて、ワースト2位には「サイズが合っていない」が選ばれています。

女子は、ちょっとしたことで太ったり痩せたりすることも。自分の体重変動の“幅”を理解し、それぞれのサイズ別に揃えておくとよさそうです。

また、「フィット感にこだわりすぎて、パンツスーツから下着のラインが思いっきり出ていた」という人もいるので、ジャストサイズにこだわる方は、後ろ姿のチェックも忘れずに!

 

■ワースト1位:清潔感に欠ける

そして、残念すぎるワースト1位は「清潔感がない、だらしない」です。

「久しぶりに出した黒スーツがホコリまみれで、お得意先で注意された」という女性もいて、普段スーツを着ない職種ほど要注意といえそう。

また、「ちょっと派手なデザインのシャツを合わせていたら、顔の派手さも加わって“仕事ができなさそう”と言われた」なんていう悲しい女子もいました。

かっちりイメージに仕上げるはずの“スーツ姿”なのに清潔感がない着こなしをしてしまうと、ケバすぎて“夜のご商売”と勘違いされるリスクも……。

 

以上、密かにイケてない人認定されちゃう“残念すぎるスーツ姿”のワースト3をご紹介しましたが、いかがですか?

せっかくスーツを着るなら、デキる女風に仕上げたいですよね。

影でヒソヒソされないよう、イケてるスーツ姿を心がけてくださいね!

 

【関連記事】

※ 職場でモテ独占!男性陣をキュンっとさせる「ちょいセクシー」テク3つ

※ ヤダ…私!? 同僚男子に「コイツ女捨ててるな」と思われるNG特徴3つ

※ えっ…ソコ見てたの?男性が本当はチラ見してる意外な「女性のパーツ」

※ 5人に2人が経験!? 気がある女子だけにする「職場男子の意外な行動」

※ 北川景子に学ぶ!「オトコが一気に結婚したくなる」たった3つの決め手

 

【参考】

女性のスーツスタイルに関する意識調査 – 小学館

ピックアップ記事一覧